「ほっ」と。キャンペーン
4月12日の日曜日、バイエラーファウンデーションで開催中のポール・ゴーギャン展に行ってきました。
a0147890_22441908.jpg
ゴーギャン展は、朝10時から。まだ、朝の静謐な時間帯のリーエンにレンゾ・ピアノ設計の建物は、静かに佇んでいました。
a0147890_22450597.jpg
日曜日のバイエラーが混むことは必須でしたので、開館前に着くように行ったのですが、
a0147890_22500883.jpg
開館前でも、もうこの通り。たくさんの人が開館を待って列を作っていました。
a0147890_22502444.jpg
入場料は、30スイスフラン。高い!でも、ダ〜リンがUBSの招待券を当てたので、フリーで入場。チケットブースのご婦人。ガラスが反射してしまいましたが、金髪のショートカットがあまりにも素敵だったので。
a0147890_23232284.jpg
a0147890_22505400.jpg
画集も売っています。今回、ガイドツアーはパス。勝手に見て回ることに。
a0147890_22505814.jpg
a0147890_22510668.jpg
ゴーギャンがフランスで描いた絵もありましたが、ちっとも良くない。ただ、顔の表情だけは、タヒチの女でなくともとても表現力が豊かで後のタヒチでの画業を忍ばせる趣がありました。
a0147890_22511106.jpg
写真撮影が禁じられている絵もあり、限られたものしか撮ることはできませんでした。
a0147890_22511708.jpg
描かれた当時は、おそらくもっとビビッドな色彩だったのでしょうが、年月と共に絵の具の色が剥落しており、でも、私はそういう油絵がとても好きです。特に、ゴーギャンは、画集で見る色彩と実際の絵画に大変落差があるので、本物を見たことがないときには、大嫌いな画家でした。これほど、本物を実際に見て心惹かれた画家は、他にいません。
a0147890_22512110.jpg
ゴーギャンは、1883年、35歳のときにそれまでの日曜画家から専業の画家になることを決意します。彼は、アンリ・ルソーと並んでアカデミックな教育を受けていない日曜画家出身の代表選手のようにいわれており(少なくとも日本では)、そして、「月と6ペンス」にも、それまでの平凡なサラリーマン生活を捨てて絵を描くためにタヒチに渡ったと書かれていますが、この展覧会での年表を読んでいくと、それが間違いだということがわかります。
a0147890_22514403.jpg
ジャーナリストだった父の亡命に伴ってペルーに渡ったゴーギャンは、その地で父を亡くし、頼りの資産家の叔父も亡くし、7歳で叔母を頼ってパリに戻ります。フランスで学校を出ると17歳で船乗りになり、再び南米を訪れます。海軍に在籍し普仏戦争に参加した後、株式仲買人になって成功を収めた後、日曜画家から専業画家へ転身しますが、それは、決して、ある日、突然にサラリーマンが専業画家に転身したわけではなかった事実がこの年表には書かれていました。実は、幼少の頃より芸術に関心が深く、志はいつもそこにありましたが、経済的な要因からなかなかそこに行き着かなかったのでした。黄色い世界地図は、ゴーギャンの足跡を映し出します。
a0147890_23421202.jpg
年表を追っていくと、さらに彼の軌跡が良くわかる仕組みになっています。かなりイケてる展示手法でした。去年のセガンテイー二展も、後日、東京にやってきましたから、このゴーギャン展もそのうちに東京でも開催されるのではないかと思います。
a0147890_22534391.jpg
さて、展示を見終えると、ゴーギャングッズの販売コーナーがあります。
a0147890_22535458.jpg
これは、ポストカード。
a0147890_22535965.jpg
結構、ゴーギャンスカーフだとか、ゴーギャンバッグだとかいろいろなものがありますが、
a0147890_22554301.jpg
いちばん面白かったのは、こちら。なんと、”ゴーギャンチョコ”!これには、笑っちゃいました。
a0147890_22554887.jpg
特別展が終わると、常設展へと導かれます。アフリカの造形に囲まれているのは、アンリ・ルソー。つい最近まで、地下の修復室で修復が行われていた作品です。写真が小さくて見えないのが残念ですが、密林でライオンが血だらけの獲物を咥えている有名な絵です。バイエラーの所蔵品だったのですね。
a0147890_22555448.jpg
ジャコメテッイもありますが、この美術館にはなんといってもモネの睡蓮が似合います。
a0147890_22555988.jpg
なんか、これ、可愛い。
a0147890_22560810.jpg
何度もみている常設展ですが、何度見ても、楽しいです。



[PR]
時々、夕食にピッツアを食べます。ドイツのスーパーでは生イーストを売っているのでピッツア生地も簡単に膨れます。お気に入りのトッピングは、ロースシンケン。だから、ピッツア・ア・ラ・ドイッチェとでも申しましょうか… ここでしか食べられません。トマトソースは使わず生のミニトマトを使うので、ダ〜リンはトマトソースが無くて嫌だと云いますが、市販のトマトソースって不味いでしょ?グリーンは、ルッコラ。この日は、野菜たっぷり。ナスにズッキーニ、パプリカも冷蔵庫にあったので、載せてみました。
a0147890_23052994.jpg
ドイツで食べると、このロースシンケンが美味しいのです。
a0147890_23053532.jpg
薬味には、カイエンペッパー。タバスコの替わり。オレンジの蓋がそう。
a0147890_23054260.jpg
もう一種類は、アルザス風フラムクーヘン。ピッツア生地に、塩を加えたサワークリーム、玉ねぎとダッチベーコンをトッピング。アルザス名物、このあたりの人の大好物で素朴な味です。
a0147890_23054806.jpg




[PR]
またまた料理ネタで恐縮ですが、TrentoのEurospaで買ったポレンタを調理してみました。倍の熱湯で30分ほど練り、タッパにいれて固まるまで置き、それを切り分けて耐熱皿に並べ、ゴルゴンゾラとパルメザンをかけてオーブンで焦げ目がつくまで焼きます。
a0147890_21005241.jpg
メインはポークメダリオン、カシスのマスタードソース、付け合わせにズッキーニのベイク。
a0147890_21005858.jpg
うわっ、これっ、美味しい!ただかき回してどろどろさせたポレンタよりずっと美味しい!ベネツアで食べたポレンタは、かき混ぜただけのものでも黄色が鮮やかでとても美味しかった記憶があるのですが、今回、Lago di Gardaで食べたポレンタはどこもぐちゃぐちゃで量ばかりあってどうも馴染めませんでした。こうして、ゴルゴンゾラと合わせるととっても美味しい。お薦めです。
デザート、バナナとイチゴのアイスクリームサンデー。最後に忘れずにレモンリキュールを入れましょう。
a0147890_21010481.jpg
締はエスプレッソ。カップとスプーンは、ダ〜リンがフレンチスーパーマーケットで買いました。斬新なデザイン。     
a0147890_21011227.jpg



[PR]
家まであと1時間というところのチューリッヒで渋滞にはまり、倍近くかかってドイツの家に帰着。朝10時過ぎにTorboreを出て、帰り着いたのは、午後6時を回っていました。でも、そこは、春のヨーロッパ、まだ、日差しは高く…
a0147890_22144972.jpg
アルザスのスパークリングと、今朝、ToreboreのCo-opで買った出来立てのモッツアレッラをカプレーゼにして。これが、もう、湯葉豆腐のようでほんとに美味しい!イタリアは偉大だ!
a0147890_22145481.jpg
ついでに、朝市で買ったトマトでブルスケッタ。昨日、イタリアの Lidlで買ったバゲットが固かったので、霧吹きで霧を吹いてからベイクしたら、水分が多すぎて、ブルスケッタ生命のダ〜リンに不評。
a0147890_22150023.jpg
メインは、LimoneのEurospaで買ったレモンリングイネのゴルゴンゾラ。ゴルゴンゾラも、あまりにも見るからに美味しそうだったので、今朝、Co-opで買いました。イタリアは、偉大だ!スペインも美味しいのですが、こういうこってりさはありません。もう少し淡白というか… そこへ行くと、イタリアのねちっこさといいますか、ちょっとやみつきになる美味しさが、イタリアのものにはあります。誰かさんは、ゴルゴンゾラレモンリングイネなのに、まだ、パルメザン掛けるし〜 しつこい〜
a0147890_22150533.jpg
デザートは、やはりTorboreのCo-opで買ったギリシアヨーグルトに苺を載せて、北イタリア名産レモンリキュールをかけます。これは、ほんとにお薦めです。なんとも美味しい。発明者は、ダ〜リン。
a0147890_22151092.jpg
旅の最終締めくくりでございました。

[PR]
1週間に渡ったイースター休暇も終り、Torboreからオーストリア経由でドイツへ戻ります。この日の南チロル地方は、まだ、積雪が多く、道路にも残雪が残り、渋滞気味。
a0147890_22193965.jpg
南チロルの山並みは、似てはいるけれど、スイスとは少し趣が違います。
a0147890_22194747.jpg
でも、ドライブインに寄るとドイツ語なので、私にはオーストリア訛りもドイツ訛りもスイス訛りも区別がつかないので、スイスにいるような気になってしまいます。エーデルワイスの花模様のキャラも多く見かけるし。
a0147890_22195469.jpg
途中、インスブルックを通り抜けます。インスブルックといえば、オリンピックを思い出す方も多いと思いますが、これは、あの時のジャンプ台。丘の頂きにありました。
a0147890_22203371.jpg
そして、イン川。インスブルックという名の由来は、インはイン川、ブルックは橋、イン川に架かる橋の意味なのだそうです。少しの間アウトバーンと並行して流れます。
a0147890_22203919.jpg
オーストリアからドイツへは、アウトバーンが直接繋がっていないので、一度、国道に降りてから、ドイツ側のアウトバーンへと乗り換えます。ここは、まだ、オーストリア。
a0147890_22204450.jpg
インスブルックは、アウトバーンから覗き見ただけですが、想像していたよりずっと大きな街でした。
a0147890_22205043.jpg
ダ〜リンは、途中、オーストリアのドライブインででっかいレバーケーゼサンドウイッチを作ってもらい、ご満悦。ここは、最後のトイレタイム。
a0147890_22205677.jpg
さあ、ドイツももうすぐです。でもね、このあとチューリッヒ近くで、午後のラッシュアワーに重なり、またまた大渋滞に遭遇。チューリッヒの近くは、いつでも混んでいるのですが、まったくひどい渋滞で、事故でも起こったのかと思いました。大都市の近くのジャンクションは、どこでもひどく混んでいます。

[PR]