伊勢おはらい町通り、二見浦とシーパラダイス

 さて、外宮、内宮の参拝も終り、ここは、伊勢おはらい町通り。ずーっと入って右側にある組紐屋さん。元は、帯締を売るお店だったようですが、今はお土産物の組紐を多用したキーホルダーなどの小物類を多く置いています。素晴らしく美しいし、お客さんもたくさん入っているのですが、あんまり売れてなかったなあ。なにか、こういまひとつ購入するに至らない・・・  韓国のこの類のものの方が魅力的に私には思えた。もはや、韓国の方が色といい造形といい、手軽に買う気にさせるセンスを備えている気がする。日本のものは、いまひとつ重苦しい感じで残念!
a0147890_1058311.jpg

左正面の杉玉でおわかりのように、酒屋さん。地酒がいっぱい。
a0147890_10583669.jpg

ここが、その“巻き返し”のスキャンダルでさらに有名になったあの“赤福”の本店。この店の正面から“おかげ横丁”が始まる。9時半にホテルを出発し、この時点で2時を回っていたが、お昼御飯も食べないで神宮巡りをしていたので、この真夏のように暑い中、もう死にそう!こんなに“赤福”が美味しいと思ったことはない。赤福3つにほうじ茶が付いて、¥380‐也。メニューはそれだけ。鳥羽の支店には、抹茶もある。
a0147890_10584246.jpg

店内は立て混み、座る場所を確保するのもやっと。でも、回転は早く、みなお餅を食べてお茶を飲んだら、さっさと出て行く。うちの外人たち、すっごい感動で赤福を頂いていた。赤福好きな外人て・・・?
写真は、若い女性のグループがすごい乗りで写真撮影に興じていたので、便乗して撮ってみた。みんなきれいな子たちだったけど、中にひとり、颯爽と背が高く金髪に染めたボーイッシュで目立つ女性がいた。塚っぽかったので、そばにいた子に聞いたら、“違います!”って、すっごくそっけなく云われた。違うって云うんだから、違うんでしょうね。塚だったら、もっと派手かも・・・?若いってきれいだな。
a0147890_10584720.jpg

赤福で“二見浦”への行き方を尋ねたら、忙しいにも関わらずとても親切に教えてくれた。でも、地元の人ってみんな車を持っていて車で移動しているので、バスでの行き方は知らないのですって。タクシーで行ったら?と云われた。でもね、“まわりゃんせパス”なら、ただで行けるんです!地方でタクシーに乗ったら、すぐン千円でしょう?で、バスの時間を教えてもらい、急いで出発。そんなわけで、この日も“おかげ横丁”には踏み入らず。で、私は、まだ、“おかげ横丁”に行ったことがない。昔、来たときには、おはらい町通りは、こんなに小江戸川越にはなっておらず、ひなびた田舎町で赤福の本店だけがやけにりっぱで、“おかげ横丁”の存在もなかったんです。
a0147890_10585226.jpg

“赤福”の店内は、一方通行なので、裏手に廻ってお店を出ようとしたところ、隣棟に静かな石庭を持った緋毛せんの抹茶処を発見!後日、鳥羽の支店で聞いた話によると、ここも赤福がやっているけれど、ほとんど人に知られていないので、すっごい穴場だそう。どんなに隣の赤福本店が混んでいようとも、ここは静かで、夏の暑い日など黒蜜かき氷をわざわざ食べにくるほど美味しいとの話。これは、ここだけの秘密です。この垣根の中がそうです。そして、この赤福の裏には、五十鈴川の清流が流れているんですね。だから、赤福の3本の線は、五十鈴川の流れを表している、という・・・
タクシーの運ちゃん曰く、“お伊勢さんと赤福のひとり勝ちですわ!” ちゃん、ちゃん!
a0147890_10585852.jpg

さあ、やって来ました!カタルーニャの彼女が、ぜひ、訪れたいと騒ぎまくったこの場所!大きな岩がロープで繋がってるなんて世界にここだけだ!ってわけ。私は、過去に何度も車で通過する度に見ているけれども、こんなにちゃんと間近で見たのは初めて。
a0147890_1059383.jpg

海際には、二見興玉神社というのがあるんですね。二見興玉神社の日の出遥拝所から見た夫婦岩。
a0147890_1059781.jpg

海の守護神をまつる竜宮社、豊受大神をまつる天の岩屋。いつも車で素通りしてしまうので、ここも初めて。
この神社から夫婦岩を見るためには、二見シーパラダイスでバスを降り、二見プラザという長~いショッピングセンターを抜けて、海岸線をず~っと歩かなければなりません。ショッピングセンターは閑古鳥が鳴いており、客引きがたいへん。参拝するのに、ショッピングセンターをず~っと歩かせるなんて、ほんとナイスなアイディアだったとは思うけど、な~んかね、ビルのモールを抜けゆく味気無さよ。赤福考案、“おかげ横丁”に軍配は上がりましたね。今となってはレトロの勝ち。
a0147890_10591212.jpg

というわけで、夫婦岩参拝も終り、バスを待つ間、“まわりゃんせパス”で入場できる二見シーパラダイスへ。10分しかなかったのだけれど、こ~んなアザラシやオットセイ、トドに、ちらっと立寄ったイルカのプールでは、鯵を手渡され、イルカ君に餌をやり、ボディタッチまでさせてくれたのです!なんと充実した10分間のバスの待ち時間だったことか!以前行った鳥羽のイルカ島巡りでは、大勢の子供たちの順番待ちでイルカにタッチなんて、夢のまた夢だったのにイ!二見のシーパラダイスさん、ありがとう!でも、心配だな、あんなに入場者いなくていつまでやっていけるのか・・・?
a0147890_10591730.jpg

[PR]
by ueno-panda | 2010-10-30 12:16 | 日本探訪 | Comments(2)
Commented by mame-nyanne at 2010-11-16 00:46
二見浦も行かれたのですね。
この辺りはかの西行さんもお気に入りだったとか。
お伊勢さんと二見浦は昨年末に行きました。
近いからもっと行きたいのだけれど・・・なかなか行けません。
Commented by ueno-panda at 2010-11-16 09:49
へえ、西行さんんもお気に入りだったのですかあ!?
といっても、私は西行さんについてほとんど無知だわ。
この辺りは、ひなびてとても良い所ですね。
近くにお住まいとは羨ましい。
赤福本店の隣の御茶席、穴場なので、ぜひ、いらしてみてください。
“黒蜜のかき氷”が絶品だと鳥羽支店のお姉さんが教えてくれました。