Olot

Olotは、ピレネー山中の中世の町。
a0147890_14023222.jpg
観光案内所は、割と分りやすい場所にありました。この日は9月12日、その前の週末がこの町のFiesta(お祭り)でした。
a0147890_14015511.jpg
では、観光案内所で町の地図をもらいましょう。
a0147890_14025772.jpg
この観光案内所では、Free Wifiが使えます。とっても便利!去年までは、スペインの観光案内所でFree Wifiが使えるということはありませんでしたが、今夏からはほとんどの観光案内所でFree Wifiが使える表示が出ています。でも、ところによっては、表示はあっても、Wifiが使えなかったりするところもありましたが、それでも、去年に比べると格段に便利になりました。自国でなら5Gとか6Gとかでネットが使えますが、それを国際電話料金では使えませんものね。Wifiが使えるとSkypeも使えるし、とっても便利でうれしい!日本もそうするらしいですね、来るオリンピックに備えて。
a0147890_14035032.jpg
反対の扉は、ギャラリーへの入口です。こちらは、売り絵のギャラリーなので、絵を買うことができます。
a0147890_14035601.jpg
でも、この同じ建物の3階には美術館があって、そこは、必見とダ~リンが云うので、こんな素敵なパティオを横切って3階へ。あっ、お祭り用の巨人が出て来ました!歩いてる、歩いてる!
a0147890_14040465.jpg
巨人が出て来た奥にも展示室があり、巨人の頭とか、
a0147890_14042884.jpg
巨人そのものとかが展示されています。この日は、動いている巨人も見ることができてラッキー!
a0147890_14041739.jpg
というわけで、3階の美術館へ。入口。
a0147890_14121479.jpg
この階段を上がったところから、町の中心部が見えました。ロマネスクの円形がなんだかとっても良い感じ。町歩きが楽しみです。
a0147890_14051196.jpg
ここでは、3種類のチケットを買うことができます。この美術館のみのチケット、この美術館と火山博物館のチケット、この美術館と火山博物館、それからもうひとつ別の美術館と3つの施設に入場可能なチケット。後者の2種類は1カ月間有効なので、長期滞在者にはお得です。私たちは、火山博物館とのセット券を買ったのですが、ここからちょっと距離があったこともあり、火山博物館には結局行けませんでした。
さて、こちらの美術館はというと、民族っぽいものから展示が始まります。黒いドレスは結婚衣装でしょうか?解説は、カタラン語なので、どうも良くわかりませんが。
a0147890_14113305.jpg
そして、カタルーニャ地方はアール・ヌーボーの通り道。もっともこの地方では、モデルニズモと称しますが。モデルニズモは、パリからウイーンへ、ウイーンからパリへと流れたのでしょうか?どのポスターもテーマがパリです。
a0147890_14113782.jpg
これは、私がいちばん気に入った油絵。
a0147890_14114329.jpg
作者は、この方。生きた時代からすると、後期印象派でしょうか?
a0147890_14120375.jpg
この美術館、全体的にはこんな感じ。民族器具から始まる展示ですが、全体的には洗練されており、こんな田舎町の美術館とは思えません。
a0147890_14120806.jpg
それでは、美術館を後に、旧市街を探検です。


[PR]
by ueno-panda | 2014-10-13 17:02 | スペイン | Comments(0)