<   2010年 12月 ( 23 )   > この月の画像一覧

  これは、今夜のバーゼルのフリー新聞。"Dinner for One"の記事を報じている。"Dinner for One"とは何かとダーリンに尋ねたところ、孤老の老婦人がニューイヤーズイブに、あたかもかつての親族全員が出席しているかのごとく晩餐をすることだそうだ。しかし、もちろん親族は亡くなっているので、晩餐の席には孤老の婦人と給仕をするバトラーしかいない。しかし、バトラーも心得たもので、あたかも皆が列席しているかの如く老婦人に接するのだそうだ。これは、ニューイヤーズイブの夜に、毎年、英国のTVが放送するのだそうです。
a0147890_3105981.jpg

かつて、英国に留学して以来、あの寒さと食事の不味さ、階級社会に辟易としている我身、でもね、こういう英国風ウィットの世界、とても好きです。それに、英国では、25日はすべての公共交通機関が止まり、昔の日本のお正月のように”しん”としてしまいます。そして、明けて26日はボクシングデー、この日は一家の主と使用人が立場を入れ替え、主は使用人のために仕えました。また当日、主人が箱に贈り物を入れて彼らに配ったのでボクシングデーと呼ばれるそうです。みんなが豊かに暮らすドイツと違い、階級社会の英国では、いまだに貧富の差が歴然としています。でも、ときどき取り払われるこういった垣根。これが、英国の真骨頂なんでしょうね。
a0147890_3111533.jpg

きょうは、もうひとつ付け足しの話題を。先日来、マスコミを賑わせているUBS(スイスでいちばん大きな銀行)のドレス・コード騒動。この銀行、今更ながら、接客するときの服装についてやかましく云い出し、ついには34ページに及ぶ服装についての冊子を作りました。その内容といえば、今更、そんなこと会社に指示されなくたって誰だって知っているし、わかりきったことが書いてあるそうです。例えば、男性の耳ピアスが銀行員に相応しくないとか・・・そして、その中には、下着に関する事項まで載っていて、どんな下着がふさわしいとか赤い下着は相応しくないとかまで指示が書いてあるそうです。このところ、マスコミはこぞって、このUBSの馬鹿げたドレス・コードを取り上げています。下の記事は、それをもっと風刺的におちょくっています。これも、バーゼルのフリー新聞から。
a0147890_311314.jpg

さて、みなさんの1年はどんなでしたか?リーマンショックから続く不景気に、さらに拍車がかかったような今年でしたが、良いことがそうそう続かないように、悪いこともそうそう続くものでもないものと思われます。来年が、もっと良い年になりますよう、ここでは、除夜の鐘は聞けませんが、こちらの皆さんとカウントダウンでもしたいと思います。良いお年をお迎えくださいますよう!
[PR]
ラムローストが食べたくなって焼いてみた。ローズマリーとニンニク、塩、胡椒で美味しく焼けます。
オーブンの中。
a0147890_17392555.jpg

付け合わせが面倒くさいなあ・・・と思った。だけど、この前行ったイタリア系レストランで付け合わせが美味しそうにローストしたポテトだけだったことを思い出して、そっか、ポテトだけでいいんだ。それに、お肉と一緒にローストしてしまえば、さらに楽ちん♪
a0147890_17393756.jpg

ラムローストの前菜にお姉ちゃんはサラダを注文していたな。それで、前菜はサラダ。
a0147890_1739487.jpg

ラムは、ちょっと野生臭いのでフルーツ系のソースが合うかもしれないと思って、白ワインとフォンドで作ったソースの他に赤いソースも用意。
a0147890_1740065.jpg







この赤いソースは、こちら。"CUMBERLAND SAUCE"というらしい。地名がスコットランドなのでUKのソースなのかしらん・・・?
a0147890_17401925.jpg
a0147890_17403316.jpg

ところで、この晩、ARTEというフランス系のTV番組を見ていたら、日本が写っていた。東京のアラン・デュカスを追ったり、トロワグロのフランス人東京シェフを居酒屋に行かせたり、すきやばし次郎のお寿司屋さんを取材したり、要するいかに東京がグルメ都市かを見せる番組だった。
それが終わると、次は食の批評家、
a0147890_17404461.jpg

シェフで雑誌編集者、
a0147890_17405536.jpg

ARTEの司会者で討論会。彼の後ろの画面には、チョップスティック、お箸が写っているでしょう?この他、鯖の棒寿司、お椀もの、焼き魚、たこ焼きなども登場してました。回りには視聴者を侍らせ、こんなに食文化が発達した東京があって、それでも、まだ、フランス人のフレンチのシェフは、“世界に名だたる”なんて云ってフランス料理を作っていられるのか?という討論をしているようだった。
a0147890_1741643.jpg

東京で取材を受けた和食の板前は、”ミシュラン”が世界に和食を知らしめてくれたと云って、力んで喜んでいたが、私に云わせれば、大~きなお世話。勝手に☆なんかつけてまわらないでくれ!だ。何でもグローバリズムの中に組み込まれりゃいいってもんじゃない。そして、それは、結局、アメリカンスタンダードになって、何でもお金で買える世界になってしまうのだ。フランスだって、3つ星をもらったばかりに自殺したフランス人シェフも多いと聞く。日本には、まだ、ほんの少し、お金だけじゃないものが残っている。お金持ちだけ、特別優遇しない気概が残っている。それを、私達は”恥の文化”と呼んでいるんだ。
”あっち行け!恨みシュラン!”
[PR]
イブの24日、こんな雪の中、アウトバーンを飛ばして黒い森地方へ。
a0147890_18371730.jpg

翌日、一晩中降って、まだ降り足りない雪に、車もすっぽり埋まってしまい(ちなみに、これは、うちの車ではありません。近所の車。)
a0147890_18373477.jpg

私の好みの屋根を持つお家もこの通り。この地方の典型的な家は、例えば、神戸の異人館に”鱗の家”ってあるでしょう?あれなんですけど、そのお家を撮ろうとカメラを上に向けたところ、2階から外を見ていたおじさんの目と目がばっちり合ってしまって、断念・・・
a0147890_18374512.jpg

そして、昨夜のクリスマスディナーをこなすため、本物の黒い森の中へ。家から5分も歩けば黒い森の中へ行けてしまいます。でも、この日はどか雪で、車が通らない小道は、ずばずば足が埋まってしまい、とても歩けたものではなかったので、太い通りへ多周りして、もう、帰るのかなあ・・・と思ったら、なんと、そこからが散歩の始まりでした。ここが、黒い森の入口。
a0147890_18375749.jpg

入口はそうでもなかったんですが、膝まで雪に埋もれながら、必死こいて黒い森生まれのひとたちについて行ったのでした。すっごく歩いたと思ったけど、時間にしてたった1時間でした。
a0147890_1838821.jpg

途中、お父さんは雪の中から出られなくなった車をレスキューしてましたね。お父さんが通りがかって、あの車はラッキー!でもね、お姉さんのところの車はすっかり埋まってしまい、掘り出すのが面倒なお兄さんのために、うちのダーリンはこのあと、みんなを迎えに行ったんですね。そして、送り届けてました。
[PR]
クリスマスの前、ダーリンが会社の帰りに買って来たのは、クリスマスケーキ!ふ~ん、こっちにもあるんだクリスマスケーキ。おまけにサラリーマンが会社帰りに買って来る。ふむふむ・・・
フランスが近いせいか“ブッシュ・ド・ノエル”。この、どこか形の崩れたブッシュ・ド・ノエル、朝食に頂きましたが、ロールケーキの、本来ならスポンジケーキの部分が全部、このケーキ、バタークリームなんですね。で、本来ならクリームの部分が薄ーい、薄ーいスポンジなんです。食べた後の後悔・・・あ~食べなきゃ良かった・・・スイスの乳製品ですからね、スーパーのケーキといえども、それほどひどくはないんですよ。でもね、あ~、強烈でしたね。これ、まだ、冷蔵庫の中に残ってます!
a0147890_19565349.jpg

この晩、TVでサーカスを見ました。チャンネルを回していたら、去年行ったスイスのサーカス“NIE”の貫禄あるクラウンが垣間見えたので、そのまま見ていたら、同じお笑い3人組が同じギャグをやっていた。これは、タイタニックになるシーン。
a0147890_1957493.jpg

シルク・ド・ソレイユの演技もあり、素晴らしかった。
a0147890_19572747.jpg

でも、なんといっても興味を引いたのは、この人!モナコの王様、グレース・ケリーの息子のアルバートと婚約したシャーリーン・リネット・ウィットストック。1978年1月25日生まれのこの美女は、南アフリカ共和国の元背泳競泳選手で、世界選手権でも優勝、シドニーオリンピックのメドレーリレーで5位に入賞しています。でも、いつもどこか虚ろで蝋人形のような無表情のモデルにしか見えないんですよね、どうしてでしょう・・・?
a0147890_19573774.jpg

この若い金髪3人姉妹の演技も素晴らしかった。中国雑技団も顔負けってやつ。
a0147890_19575183.jpg

そして、こちらがプリンツ・アルバート。2005年にレーニエ公逝去の後、即位しているので、キング・アルバートと云うべきか?アルバート2世と呼ばれているらしい。若い頃は、ため息が出るほどのハンサムだったけれど、50の坂を越えた今、もう、ただの禿げ親父。それでも、シャーリーンにとっては、大玉の輿なんでしょうね。来年の7月に結婚式をするらしいけれど、彼には認知した非嫡出子が2人います。女の子と男の子で、男の子の母親はアフリカ人の客室乗務員だったと思う。
a0147890_195839.jpg

アルバート2世の向こう側は、姉のカロリーヌ。アルバート2世は、長らく独身なので、公式行事には姉のカロリーヌが妃の代わりを務めることが多かったようです。
a0147890_1958145.jpg

アルバート2世と婚約者シャーリーン。アルバート2世もヨットやボブスレーでオリンピックに出場しているし、グレース・ケリーの父親もオリンピックのボート競技金メダルを獲得するなど、この一族、実に体育会系なんですね。美しくて強い王族。
a0147890_19582663.jpg

ところで、このクリスマス前にカンヌで行われたサーカス興行、モナコ社交界総動員のもと、世界中の有名サーカスを集めて行われていたようです。この空中ブランコも圧巻でした。
a0147890_19583735.jpg

日本でも、最近、サーカスが再び脚光を浴びているそうですね。みんな、イージーなTVのお笑い番組に飽きているのでしょう。
[PR]
クララプラッツは、私がいつもバスを乗り換えるラインガッセのひとつ手前、といっても50mくらいしか離れていません。聖クララの像が立ち、MANORというスイスのデパートを中心に一大ショッピング街になっています。バーゼルでは、マルクトプラッツに次ぐ繁華街です。ここにも、小規模なクリスマスマーケットが立っていました。ほら、教会の前の噴水の前に聖クララが立っているでしょう?この教会も彼女を祀ってあるのでしょうね、きっと。
a0147890_21533685.jpg

バスストップの近くにはグリューワインの屋台。バスを待つ間の間隙をねらっています。
a0147890_21535190.jpg

右側が教会。ず~っと奥には、遠くメッセのクリスマスマーケットのランドマーク、観覧車とヒルトンの緑色の高層ビルが見えます。
a0147890_2154360.jpg

教会の反対側に並んだクリスマスマーケットの小屋並。
a0147890_21541556.jpg

ショップ側。
a0147890_21542873.jpg

売っているものは、なぜか南米産の羊毛製品や、
a0147890_21544090.jpg

中近東グッズ。メッセからこの辺りにかけては、第三国からの移民が多く住んでいるので、こういうマーケットになるのかなあ・・・?
a0147890_21545322.jpg

教会の側面。
a0147890_2155482.jpg

もう一度、教会と広場を遠目で見てみましょう。
a0147890_21551520.jpg

マーケットのはずれには、イタリア人の焼き栗売り。ドイツには無いものです。サンタも売上に協力。
a0147890_21552767.jpg

[PR]
 話は前後しますが・・・
 それは、先週、11日の土曜日のことでした。ついに出ました!"Verkaufen" クリスマスツリーの売り出しです!ホームセンターでは、11月の末から既にクリスマスツリーの売り出しが始まっていますが、うちの近所の直売所はクリスマスの2週間前にならないとツリーの売り出しが始まりません。去年は、それを知らずに、待ち切れず、ラインフェルデンのホームセンターでツリーを買ってしまいました。でも、生のツリーが生き生きと素晴らしい芳香を放つのは2週間が限界なんだそうです。だから、直売所では2週間前にならないとツリーを売り出さないようです。道路脇に立つサインは、まだ、見当たらなかったものの、坂を上っていくと、真っ白だった看板には"Verkaufen" の文字が!
a0147890_672863.jpg

このおっさんが売ってくれます。一昨年、ここを通りがかったときに、”買わない?”と云って来たお兄さんとは違う人みたいですけど・・・
a0147890_674150.jpg
 
こうやって、いろいろ見せてくれます。ラインフェルデンのホームセンターでは、大きさに関わらず€19.95-均一でしたが、ここは大きさによって価格が異なるようです。私が選んだのは、向かって右の木。左も捨てがたかったのですが、左のものは、種類が少し異なり、ちょっと迫力に欠けそうに思ったので。 
彼の身長が1m80cmとしても、2m以上ありますね。しかも、去年は車に入らないから、あまり大きいものは駄目って、ダ~リンに云われたし。でも、ここは、すご~く近所なので、
a0147890_675967.jpg

こうやって運べばいいしね~
a0147890_681489.jpg

そして、飾り付け完了。何も考えなかったけど、あまり背が高すぎても、天井につっかえちゃうところでした!でも、図らずもちょうど良い高さ。
a0147890_683544.jpg

で、翌週、16日、木曜日にして、やっと道路脇に表示が立ちました。
a0147890_69783.jpg

この表示を辿って行くと、
a0147890_692219.jpg

直売所に辿り着きます。
a0147890_6111560.jpg

今週は、クリスマス合戦のピークです。
[PR]
 きょうは、第4アドヴェント、そう降誕祭の第4週目なんですね。だから、4本目のキャンドルに目出度く火入れ!ファイア~
右に見えるクリスマスカードは、クリスマスを長男家族と共に過ごすためにボストンに行った大家さんから。
a0147890_4571370.jpg

そして、今晩、今年のクリスマスツリーにも初めてキャンドルを灯しました。
a0147890_457279.jpg

今年は、シルバーで統一して大人らしさをアピール!ちょっと温かみには欠けるけど、去年は赤がベースだったので、このシルバーのクールさに結構、満足。
a0147890_4574013.jpg

しかも、今年のツリーは2mもあるんです!2週間前にならないと売りださない近所のツリー屋さんに行って、先週の土曜日に買い求めました。う~ん、€30-(約¥3,600-)もしたけど、2mもあるから仕方ないか・・・
a0147890_4575364.jpg

赤い星は、一昨年、Bad Saeckingenのクリスマスマーケットでダーリンに買ってもらったもの。すっかり忘れていたのだけれど、捜し出してもらいました。
a0147890_4581155.jpg

これは、今年作ったリース。ツリーの下の方の要らない枝を打ったものをリースに仕立て、MIGROスーパーマーケットで€1-で買ったリボンを巻き付けてみた。だから、€1-でできてしまった。ホームセンターでリース用の環を買っただけで、€2-以上してたから、とても安く上がった。しかも、随分、上手くなったとダ~リンに褒められた。”やった~!”
a0147890_4582435.jpg

雪の結晶も今年はシルバーで統一。
a0147890_4583549.jpg

キャンドルで飾ったクリスマスツリーは、とってもロマンティック。
a0147890_4584722.jpg

私は、なぜか小さい頃からクリスマスツリーが好きだった。”くだらない!”って、母にせせら笑われても、いつも一生懸命クリスマスツリーの飾りつけにいそしんだものだ。そんなとき、唯一、一緒になって飾り付けを手伝ってくれたのは祖母だった。ある年は、生のツリーを一緒に買いに行ったし、クリスマスが終わると庭に木を植え、あくる年には、また、鉢に植え替えてツリーに仕立てた。おばあちゃん、ここでは、子供はもちろん、大人も本気になってクリスマスのデコレーションにいそしみ、ツリーの飾り付けに余念がありません。おばあちゃんが生きていたら、また、一緒にクリスマスツリーの飾り付けが楽しめたことでしょうに・・・残念です。
a0147890_4584722.jpg

[PR]
  いつも、スイスの威信をかけて見本市が開かれるメッセプラッツェ。今年は、なぜかメッセプラッツェに大きな観覧車までお目見えしてクリスマスマーケットのようなものがオープン!マジックスイスなんとかというお題目らしい。
a0147890_5425523.jpg

入り口手前には、焼き栗の屋台。焼き栗は、パリだけだと思ったら大間違い。フランス、イタリア、スイスに分布しています。残念なことにドイツにはありません。ドイツは寒過ぎて栗の木が育たないらしい。スイスの焼き栗は、イタリア寄りのスイスから来ています。"Marroni"って、最後がiで複数形になっているでしょ?これは、イタリア語。
a0147890_543721.jpg

入るとすぐに、アルペンチーズの屋台。ここのおっさんは、とっても愛想がよくて、ただ写真を撮っただけなのに、何か欲しいものないの、寄ってかない?って、とってもフレンドリーでしたよ~
a0147890_5431942.jpg

お馴染みグリューワインのコーナー。
a0147890_543312.jpg









オリジナル、ハイデルベリー、チェリー、€8-のものは何でしょう?それに、子供用パンチまである。
a0147890_5434387.jpg
a0147890_5435655.jpg

上は、私の大好きなオーナメント。下は、ロト(宝くじ)を買って、賞品を当てるというもの。射的ではありません。
a0147890_544743.jpg

ところで、ここには中央に大きなステージが設置されていました。何が行われるんでしょうねえ・・・? 最近、夜にバーゼルに来ることがないので、う~ん、何かなあ・・・?
a0147890_5441824.jpg

ステージの前の裏側には、テントのBARがありました。ちょっとおしゃれな雰囲気ですね~スイスの名所の写真が貼ってあります。斜め前には、スキー場の紹介コーナーもあり、どうやらこのクリスマスマーケットは、スイスの殖産興業を促す役目を持って開かれているようです。昨年も一昨年も見かけなかったので、今年からの新しい試みのようです。
a0147890_5442843.jpg

マーケットのどん詰まりは、この巨大な観覧車。ヒルトンホテルのバーゼルの町が一望できる“バールージュ”のすぐ前に設置されているので、ここからの眺めもきっと素敵なのでしょう。恋人たちのクリスマスってとこですね。
a0147890_544402.jpg

[PR]
 今朝は、一週間ぶりに雪が降りました。寒い日は、煮込み料理が一番!というわけで、初めてタジン鍋を使った調理に挑戦!彩りよく材料を並べ、
a0147890_5475199.jpg

夏にカタルーニャの陶器の里で購入したお気に入りのタジン鍋に仕込みました。
a0147890_548370.jpg

この紺色が、とても気に入っているのです。でも、きょうは、ダーリンの帰りがちと遅い・・
6時15分に仕掛けた鍋は、結局7時15分まで電気調理器の上に・・・
a0147890_54816100.jpg

さらに、まだできていないかのごとく、待つことしばしの間に、こんなスターターをいだいておりましたら・・・
a0147890_548289.jpg

こんなに美味しそうに出来上がったかに見えたのですけれど・・・
a0147890_5484068.jpg

土鍋は、水無しで1時間の過熱には耐えられませんでしたの。途中、なんだか、”バン!”という音がしたんですよね。それは、土鍋の見事なヒビとなって、鍋敷きは、なんと、なんと、こんなになってしまっていたのでした!”タジンは、水いらずの調理”なんて、皆さま、大嘘ですわよ!ドイツの野菜に水気が足りないのか、1時間も過熱した私がアホなのか、その辺はご想像にお任せ致しますが、お気に入りのタジンが一度の失敗で二度と使えなくなった事実は消せません。
a0147890_5485381.jpg

そして、デザートは、バニラとアプリコットのアイスクリーム。
a0147890_549438.jpg

このあと、あんまり頭に来ていたもので、Celliniのグラッパとココのクッキーを一気食い!ああ、反省・・・
[PR]
 寒い冬の夜は暖かい煮込み料理がいちばん!今週も、また、これから寒くなるという予報なのですが、先週の前半までほんとうにしばれる日々が続いていたのです。で、作ったのがドイツ版ポトフ"Eintopf"。フランスでは、ポトフ、ドイツではトプフ、なんとなく似ていませんか?ドイツ語通訳の方のブログに作り方が出ていて、“豚バラ肉の燻製”とあったのですが、これを、お肉やさんに行って伝えてみたところで、答えは出ないだろうなあ・・・と考えることしばし・・・ううう、たぶん、これって”ベーコン”のこと?と、勝手に答えを出してお肉やさんへ。ベーコンの巨大ブロックを購入しました。以前、このベーコンでベーコンエッグを作ったら、ダ~リンに思い切り嫌な顔をされ、しかもとても硬くて食べられたものじゃなかった。以来、このベーコンは煮込み料理に使うことを学習。ベーコンエッグにできるのは、ダッチベーコンだけのようです。それから、ドイツのひとたちは、朝、ベーコンエッグなんぞ決して食べない。そんなものを食べなくても、ここには、美味しいフレッシュハムがたくさんあるからなんですね。カリカリのベーコンエッグを食べるのは、どうも英国人とアメリカ人らしい。
 こんなにりっぱなベーコンと、ニンジン、タマネギ、コールラビ、
a0147890_2263259.jpg

それに、芽キャベツを入れて煮込みます。味付けは、塩、胡椒のみ。
a0147890_2264660.jpg

半日、煮込んだところで出来上がり。
a0147890_2265736.jpg

う~ん、美味しそう!と思ったのは、ここでは、どうも私ひとり。ダ~リンは、なんと"Eintopf"が嫌いだったんです!どうもね、グラーシュに芽キャベツを入れたときの怒りようといい、豚バラ肉が大嫌いなことといい、それに加えてニンジンが嫌いだったんです。彼にとっては、トリプルパンチ。温めるだけで数日、O.K.と勇んで作ったこの煮込みスープ、それから、数日の間、私ひとりで食する羽目に陥ったことはいうまでもありません。”毎日、これだぜ~”と、いじめるダーリンを尻目に、私、本日も美味しく頂いておりますことよ、ダ~リン!
a0147890_227880.jpg

[PR]