<   2011年 09月 ( 3 )   > この月の画像一覧

これは、Burgruin Nue-Falkensteinから見た下界の風景。
a0147890_20162587.jpg

麓レストラン、この日はお休み。お城へは、このレストランの向って右から入っていくのですが、
a0147890_20164068.jpg

ここで、紹介したいのは、レストランの対面にあるこちら搾りたてフレッシュミルクの自販機。この自販機、500mlが€o,75-と美味しい上に格安。初代ミルクボーイのダ~リンとしては、見過ごせません。でも、この自販機、自分で容器を出すことをしません。しかも、ここには備付けの容器も見当たりません。以前、そうとは知らず、容器を置かずに大失敗したことがあるので、ダ~リンを止めましたが、彼は車にあった水だかガソリン用だかの容器にミルクを入れてゴクゴクやっていましたっけ。搾りたてフレッシュミルクは、もちろんあのミルク独特の臭さもないのですが、あの臭さが苦手な私はパ~ス。
a0147890_20165482.jpg

自販機は、こんな農家の納屋の軒先に置いてあります。ご利用の際には、皆さま、容器を置くことをお忘れなく!
a0147890_2017919.jpg

さて、8月の最後の日曜日だったこの日は、午後から気温が上昇し、道路を走っていると前方に逃げ水が見える程でした。逃げ水は、カメラに収めることができませんでした。
a0147890_20172484.jpg

お城を3つ、view pointにひとつ行ったので疲れてもいるし、もう帰るものと思っていたら、もうひとつおまけが・・・
a0147890_20173688.jpg

この近くに、のうひとつ素晴らしいview pointがあるので連れて行ってくれるそうです。
a0147890_2017506.jpg

そこからは、こんなに素晴らしい景色が臨めました!
a0147890_2018397.jpg

雪を抱いたアルプスがこんなにくっきり前方に見えます。ああ、スイスだなあと思う瞬間です。
a0147890_2018162.jpg

もちろん、ここにもレストランがあり、この景色と一緒に食事を楽しむ家族連れで賑っていました。
a0147890_20182941.jpg


クリックで、¥1の募金になります。お金はかかりません:
JWordクリック募金


※きょうからHolidayに出掛けますので、しばらくブログはお休みします。
  しばらくしたら、また、覗きに来てくださいね!
[PR]
Alt-Falkensteinから見えた大きなお城。この日、3つ目のお城は、このお城、Burgruin Neu-Falkensteinです。Schloss Neu-Bechburg、Alt-Falkensteinと近接距離にあるこの3つのお城ですが、Schloss Neu-Bechburgは、地域の文化の拠点として音楽会や朝食会、パーティ会場として蘇り、Alt-Falkensteinは小規模ですが、博物館となって存続しているのに比べ、ここBurgruin Neu-Falkensteinは、Burgruinの名が示す通り廃墟になっています。私的には、想像力が掻き立てられるruin(廃墟)が私は好きですが、ほぼ同時期に近隣に建てられた城同士、その運命の明暗はまるで人の世のそれのようです。
a0147890_1714512.jpg

この立看板のある、
a0147890_172288.jpg

レストランの脇の小道を入って、
a0147890_172187.jpg

右に登ってしばらく行くと、
a0147890_1723399.jpg

お城が現れます。
a0147890_1725076.jpg

遠くから見ると随分大きなお城でしたが、廃墟になってしまうと、なんだか狭く感じます。
a0147890_173593.jpg

お城の平面図。
a0147890_1731915.jpg

塔の部分。
a0147890_1733654.jpg

塔へは、この階段で登ることができます。途中から鉄製の階段になるのですが、これが、スケルトンでほんとに怖い。でも、子供たちも平気で登っていたので、怖いと思うのは私だけらしい。こちらの人は、あまり怖がらない。
a0147890_174153.jpg

塔から他の部分を眺める。
a0147890_1742082.jpg


クリックで、¥1の募金になります。お金はかかりません:
JWordクリック募金

[PR]
Schloss Neu-Bechburgの次にもお城を見に連れて行ってくれるという。わあ!また、お城三昧ね、と喜んでいると、見えて来た、見えて来た!ほら、あそこに次なるお城が姿を現しました。
a0147890_0595228.jpg

民家の頭上、切り立った崖にそびえ建っています。てっきりあそこへ登っていくものとばかり思っていたら、何だかダ~リン、ひとりで怒っています。”・・・?” ”だから、見るだけだって云ったでしょ!” ”・・・?” ”行けるのかどうか僕にはわからないんだよ!” でも、きっと行けると思うけどなあ・・・ でも、あんまり勢いよく怒っているので取り付く島がないんです。どうしちゃったの?ダ~リンの持っているお城ガイド、行き方が詳しく出ていないものもあるようで、多分、このお城については詳しく書かれていなかったのでしょう。でもね、そんなにきーきー怒らなくてもね、捜しに行きましょうよ、お城に通じる道。
a0147890_105938.jpg

というわけで、くるくるした挙句、やっと見つけました。この民家に上がる階段を登って行くようです。突き当たりのテラスでは、お昼を終えたシニアの方がカードゲームに興じています。
a0147890_111513.jpg

苔むした石段が良い味出してます。
a0147890_113137.jpg

一回折り返して、しばらく上がると、ありました!お城!前に停まっているランドローバー、すっげ~邪魔なんですけどお~そして、扉は硬く閉ざされ・・・
a0147890_11477.jpg

でもね、開くんです扉。御用の方はベルを押してくださいって張り紙があって、€4‐払うと、牢屋番の兄ちゃんみたいな輩がじゃりじゃりと大きなカギ束を持って出て来て中に入れてくれます。突き当たりでスタッフ(?牢屋番の仲間だろ、君たちは・・・?)が、良いにおいをさせてホットミール(お肉かな?)でランチの最中でした。すいませんね、ランチの邪魔しちゃって・・・
a0147890_12160.jpg

で、展示室。マシンガンなんかが並んでいて、おお、スイスやる気満々ですねって感じ。私はスナイパーになった気分。
a0147890_121521.jpg

上の階に上がると、このお城の全景模型がありました。道から見上げた印象と随分違いますね。
a0147890_122955.jpg

これは、塔部分の螺旋階段。ぐるぐるぐる・・・
a0147890_124359.jpg

塔の屋上からの眺めは最高。
a0147890_125741.jpg

遠くにもうひとつ大きなお城が見えます。

クリックで、¥1の募金になります。お金はかかりません:
JWordクリック募金

[PR]