<   2012年 09月 ( 3 )   > この月の画像一覧

秋の味覚、カボチャ!
金曜の午後、外がやたら騒がしくなったと思ったら、村の"Octoberfest"が始まっていた。すみません!"Octoberfest"に先駆けて、ただの企業イベントでした!だって、置いてあったチラシに"Octoberfest"ってあったんですもの!でも、良く見たら、10月13・14日だった・・・
a0147890_22422381.jpg

プラムや洋梨、キルシュやアップルジュースを満載した屋台。お姉さんの笑顔が可愛い!
"Octoberfest"って、大きなビアテントでビールを飲むものだと思っていたけど、これって”秋の収穫祭”、つまり村祭りなのね。
a0147890_22462293.jpg

ニューワインも登場。
a0147890_22521623.jpg

フラムクーヘンや洋梨のスパークリングもある。
a0147890_22561745.jpg

セクシーな牛さん!村のアーティストも作品を出品して売っている。ちょっとローカルすぎるのだけれど。
a0147890_231892.jpg

こちらは、お馴染みビールの屋台。売り手のおじさんの民族衣装が雰囲気を出している。
a0147890_23145360.jpg

子供が立ちはだかって見えにくいけど、村の少女は民族衣装で登場。どこで買うのかなあ、この衣装。この辺では売っているのを見たことがないけど。
a0147890_2319179.jpg

夕方、ダ~リンくんが帰ってきたら、ビールを飲みに出掛けよう!
[PR]
9月16日の良く晴れた日曜日、ライン河畔、及びその近くの約3か所で”Slow Up!”なる催しが行われました。”Slow Up!”って?どうしてSlowなのに Upするの?と不思議に思っていました。それはね、コースになる一般道を車の通行を禁止し、自転車で走りましょうってことで、Slowなのに Upできる!ってことなのです。お伽の国”ラインフェルデンへと渡る橋へと差し掛かります。
a0147890_2235014.jpg

次々と自転車が来ます。私も自転車に乗っているので、逐次、写真を撮るということができなかったのですが、いちばん驚いたのは、インナースケートで乳母車を押す夫婦。これが、結構、たくさんいたのですね。すごすぎ、ドイツ人。
a0147890_22213110.jpg

所々に休憩所が設けられています。村の人の手作りワッフルだったり、子供が飲み物を売っていたり、ミルク会社がミルクを売っていたり・・・ここは、スイスの大メーカーフェルト・シュロッセンというビール会社の休息所。その名の通り、建物はまるでお城。
a0147890_2226999.jpg

付属のレストランも優雅でイケそう。いつか来てみたい。
a0147890_22304719.jpg

丁度、折り返し地点でしたので、ビールなど。私は、以前、ビールを飲んだ後、自転車で転倒したことがあるので、舐めるだけ~実は、この日も私は、転倒して、ダ~リンくんに大ひんしゅくを買っています。ドライバーズ手袋のホックが外れたのが気になって、自転車を走らせながら直そうとしたら、見事にコケました。“コケてんのは、お前だけだ”って、大ひんしゅくだったんですけど、コケてたら、ハリソン・フォードそっくりの男前が“大丈夫か?”って、駆け付けてくれて自転車は起こしてくれるは心配はしてくれるは・・・この時、私は解ったのですね、なぜ、アリスタ・フロックハートがハリソン・フォードに恋しちゃったのか?私も、冷たいダ~リンくんを捨てて、あの親切なハリソン・フォードの後を着いて行きたくなりましたもの。あなたの親切、忘れませんわ!こういう親切、できる人、私、尊敬してしまいます。
a0147890_223988.jpg

この地図にあるライン河畔を周遊します。合計2時間程。
a0147890_2244639.jpg

私にとっては、初めての自転車による遠出。終点で、スポンサーの企業からシリアルとリベラ(スイスの飲料)をもらって、ここまで辿り着いたら、ちょっとくたびれた~
a0147890_22483111.jpg

その他バーゼル他、合計3か所で行われた“Slow Up"、老若男女、6万5千人の参加があったそうです。
[PR]
暑く長い日本の夏をやっと脱出して、ここドイツは本当に涼しい。もうあの夏の続きの東京の初秋をすっかり忘れてしまいました。
ベランダに出てみると、プランターはまるでトマトジャングル!私が来るまで、”トマトは残っていないよ!”といた云われていたのに、何、このトマトのジャングルは?!
a0147890_1831664.jpg

どうやら他の方のブログにもあったように、今年の南ドイツはトマトが豊作らしい・・・?
a0147890_18452044.jpg

せっせと食べなくては・・・
ダ~リンによると、青くしてもぎ取られてしまったトマトも置いておくとそのうち赤くなるそうです。気が長いドイツ人。日本人なら、即、ゴミ箱行きでしょうね。
a0147890_18412667.jpg

25年前にチェルノブイリでやられている南ドイツだけれど、今や東京に比べて放射能汚染を気にしなくてよいここは、何と恵まれているのでしょう!野菜は甘くて美味しいし、アルプスからの水も素晴らしく美味しい。東京だってつい45年くらい前はこうだったのに。というか1年半前までは、何も気にせずにボケボケ生きていてもある程度大丈夫だったことを考えると隔世の感があります。
[PR]