<   2015年 05月 ( 22 )   > この月の画像一覧

4月12日の日曜日、バイエラーファウンデーションで開催中のポール・ゴーギャン展に行ってきました。
a0147890_22441908.jpg
ゴーギャン展は、朝10時から。まだ、朝の静謐な時間帯のリーエンにレンゾ・ピアノ設計の建物は、静かに佇んでいました。
a0147890_22450597.jpg
日曜日のバイエラーが混むことは必須でしたので、開館前に着くように行ったのですが、
a0147890_22500883.jpg
開館前でも、もうこの通り。たくさんの人が開館を待って列を作っていました。
a0147890_22502444.jpg
入場料は、30スイスフラン。高い!でも、ダ〜リンがUBSの招待券を当てたので、フリーで入場。チケットブースのご婦人。ガラスが反射してしまいましたが、金髪のショートカットがあまりにも素敵だったので。
a0147890_23232284.jpg
a0147890_22505400.jpg
画集も売っています。今回、ガイドツアーはパス。勝手に見て回ることに。
a0147890_22505814.jpg
a0147890_22510668.jpg
ゴーギャンがフランスで描いた絵もありましたが、ちっとも良くない。ただ、顔の表情だけは、タヒチの女でなくともとても表現力が豊かで後のタヒチでの画業を忍ばせる趣がありました。
a0147890_22511106.jpg
写真撮影が禁じられている絵もあり、限られたものしか撮ることはできませんでした。
a0147890_22511708.jpg
描かれた当時は、おそらくもっとビビッドな色彩だったのでしょうが、年月と共に絵の具の色が剥落しており、でも、私はそういう油絵がとても好きです。特に、ゴーギャンは、画集で見る色彩と実際の絵画に大変落差があるので、本物を見たことがないときには、大嫌いな画家でした。これほど、本物を実際に見て心惹かれた画家は、他にいません。
a0147890_22512110.jpg
ゴーギャンは、1883年、35歳のときにそれまでの日曜画家から専業の画家になることを決意します。彼は、アンリ・ルソーと並んでアカデミックな教育を受けていない日曜画家出身の代表選手のようにいわれており(少なくとも日本では)、そして、「月と6ペンス」にも、それまでの平凡なサラリーマン生活を捨てて絵を描くためにタヒチに渡ったと書かれていますが、この展覧会での年表を読んでいくと、それが間違いだということがわかります。
a0147890_22514403.jpg
ジャーナリストだった父の亡命に伴ってペルーに渡ったゴーギャンは、その地で父を亡くし、頼りの資産家の叔父も亡くし、7歳で叔母を頼ってパリに戻ります。フランスで学校を出ると17歳で船乗りになり、再び南米を訪れます。海軍に在籍し普仏戦争に参加した後、株式仲買人になって成功を収めた後、日曜画家から専業画家へ転身しますが、それは、決して、ある日、突然にサラリーマンが専業画家に転身したわけではなかった事実がこの年表には書かれていました。実は、幼少の頃より芸術に関心が深く、志はいつもそこにありましたが、経済的な要因からなかなかそこに行き着かなかったのでした。黄色い世界地図は、ゴーギャンの足跡を映し出します。
a0147890_23421202.jpg
年表を追っていくと、さらに彼の軌跡が良くわかる仕組みになっています。かなりイケてる展示手法でした。去年のセガンテイー二展も、後日、東京にやってきましたから、このゴーギャン展もそのうちに東京でも開催されるのではないかと思います。
a0147890_22534391.jpg
さて、展示を見終えると、ゴーギャングッズの販売コーナーがあります。
a0147890_22535458.jpg
これは、ポストカード。
a0147890_22535965.jpg
結構、ゴーギャンスカーフだとか、ゴーギャンバッグだとかいろいろなものがありますが、
a0147890_22554301.jpg
いちばん面白かったのは、こちら。なんと、”ゴーギャンチョコ”!これには、笑っちゃいました。
a0147890_22554887.jpg
特別展が終わると、常設展へと導かれます。アフリカの造形に囲まれているのは、アンリ・ルソー。つい最近まで、地下の修復室で修復が行われていた作品です。写真が小さくて見えないのが残念ですが、密林でライオンが血だらけの獲物を咥えている有名な絵です。バイエラーの所蔵品だったのですね。
a0147890_22555448.jpg
ジャコメテッイもありますが、この美術館にはなんといってもモネの睡蓮が似合います。
a0147890_22555988.jpg
なんか、これ、可愛い。
a0147890_22560810.jpg
何度もみている常設展ですが、何度見ても、楽しいです。



[PR]
時々、夕食にピッツアを食べます。ドイツのスーパーでは生イーストを売っているのでピッツア生地も簡単に膨れます。お気に入りのトッピングは、ロースシンケン。だから、ピッツア・ア・ラ・ドイッチェとでも申しましょうか… ここでしか食べられません。トマトソースは使わず生のミニトマトを使うので、ダ〜リンはトマトソースが無くて嫌だと云いますが、市販のトマトソースって不味いでしょ?グリーンは、ルッコラ。この日は、野菜たっぷり。ナスにズッキーニ、パプリカも冷蔵庫にあったので、載せてみました。
a0147890_23052994.jpg
ドイツで食べると、このロースシンケンが美味しいのです。
a0147890_23053532.jpg
薬味には、カイエンペッパー。タバスコの替わり。オレンジの蓋がそう。
a0147890_23054260.jpg
もう一種類は、アルザス風フラムクーヘン。ピッツア生地に、塩を加えたサワークリーム、玉ねぎとダッチベーコンをトッピング。アルザス名物、このあたりの人の大好物で素朴な味です。
a0147890_23054806.jpg




[PR]
またまた料理ネタで恐縮ですが、TrentoのEurospaで買ったポレンタを調理してみました。倍の熱湯で30分ほど練り、タッパにいれて固まるまで置き、それを切り分けて耐熱皿に並べ、ゴルゴンゾラとパルメザンをかけてオーブンで焦げ目がつくまで焼きます。
a0147890_21005241.jpg
メインはポークメダリオン、カシスのマスタードソース、付け合わせにズッキーニのベイク。
a0147890_21005858.jpg
うわっ、これっ、美味しい!ただかき回してどろどろさせたポレンタよりずっと美味しい!ベネツアで食べたポレンタは、かき混ぜただけのものでも黄色が鮮やかでとても美味しかった記憶があるのですが、今回、Lago di Gardaで食べたポレンタはどこもぐちゃぐちゃで量ばかりあってどうも馴染めませんでした。こうして、ゴルゴンゾラと合わせるととっても美味しい。お薦めです。
デザート、バナナとイチゴのアイスクリームサンデー。最後に忘れずにレモンリキュールを入れましょう。
a0147890_21010481.jpg
締はエスプレッソ。カップとスプーンは、ダ〜リンがフレンチスーパーマーケットで買いました。斬新なデザイン。     
a0147890_21011227.jpg



[PR]
家まであと1時間というところのチューリッヒで渋滞にはまり、倍近くかかってドイツの家に帰着。朝10時過ぎにTorboreを出て、帰り着いたのは、午後6時を回っていました。でも、そこは、春のヨーロッパ、まだ、日差しは高く…
a0147890_22144972.jpg
アルザスのスパークリングと、今朝、ToreboreのCo-opで買った出来立てのモッツアレッラをカプレーゼにして。これが、もう、湯葉豆腐のようでほんとに美味しい!イタリアは偉大だ!
a0147890_22145481.jpg
ついでに、朝市で買ったトマトでブルスケッタ。昨日、イタリアの Lidlで買ったバゲットが固かったので、霧吹きで霧を吹いてからベイクしたら、水分が多すぎて、ブルスケッタ生命のダ〜リンに不評。
a0147890_22150023.jpg
メインは、LimoneのEurospaで買ったレモンリングイネのゴルゴンゾラ。ゴルゴンゾラも、あまりにも見るからに美味しそうだったので、今朝、Co-opで買いました。イタリアは、偉大だ!スペインも美味しいのですが、こういうこってりさはありません。もう少し淡白というか… そこへ行くと、イタリアのねちっこさといいますか、ちょっとやみつきになる美味しさが、イタリアのものにはあります。誰かさんは、ゴルゴンゾラレモンリングイネなのに、まだ、パルメザン掛けるし〜 しつこい〜
a0147890_22150533.jpg
デザートは、やはりTorboreのCo-opで買ったギリシアヨーグルトに苺を載せて、北イタリア名産レモンリキュールをかけます。これは、ほんとにお薦めです。なんとも美味しい。発明者は、ダ〜リン。
a0147890_22151092.jpg
旅の最終締めくくりでございました。

[PR]
1週間に渡ったイースター休暇も終り、Torboreからオーストリア経由でドイツへ戻ります。この日の南チロル地方は、まだ、積雪が多く、道路にも残雪が残り、渋滞気味。
a0147890_22193965.jpg
南チロルの山並みは、似てはいるけれど、スイスとは少し趣が違います。
a0147890_22194747.jpg
でも、ドライブインに寄るとドイツ語なので、私にはオーストリア訛りもドイツ訛りもスイス訛りも区別がつかないので、スイスにいるような気になってしまいます。エーデルワイスの花模様のキャラも多く見かけるし。
a0147890_22195469.jpg
途中、インスブルックを通り抜けます。インスブルックといえば、オリンピックを思い出す方も多いと思いますが、これは、あの時のジャンプ台。丘の頂きにありました。
a0147890_22203371.jpg
そして、イン川。インスブルックという名の由来は、インはイン川、ブルックは橋、イン川に架かる橋の意味なのだそうです。少しの間アウトバーンと並行して流れます。
a0147890_22203919.jpg
オーストリアからドイツへは、アウトバーンが直接繋がっていないので、一度、国道に降りてから、ドイツ側のアウトバーンへと乗り換えます。ここは、まだ、オーストリア。
a0147890_22204450.jpg
インスブルックは、アウトバーンから覗き見ただけですが、想像していたよりずっと大きな街でした。
a0147890_22205043.jpg
ダ〜リンは、途中、オーストリアのドライブインででっかいレバーケーゼサンドウイッチを作ってもらい、ご満悦。ここは、最後のトイレタイム。
a0147890_22205677.jpg
さあ、ドイツももうすぐです。でもね、このあとチューリッヒ近くで、午後のラッシュアワーに重なり、またまた大渋滞に遭遇。チューリッヒの近くは、いつでも混んでいるのですが、まったくひどい渋滞で、事故でも起こったのかと思いました。大都市の近くのジャンクションは、どこでもひどく混んでいます。

[PR]
Tignale で Madonna di Montecastelloの後にやって来たのは、はて?村の広い駐車場?狭い道を入ってもう、ダ〜リンたら、また、道間違えた〜?と思ったら、そうではなくて、ここで、正解。
a0147890_23345656.jpg
こんな村はずれの駐車場に停めてどうするのかしらん〜?あそこに教会建ってるけど、
a0147890_23270856.jpg
駐車場と教会の間では、痩せた馬が草食んでるし〜
a0147890_23350972.jpg
黒いのもいるし〜
a0147890_23352450.jpg
でも、ここでいいんだって〜
すると、なんだかりっぱなお屋敷風の建物を指して、”あそこだよ。”って云うんです。はて?
a0147890_23370320.jpg
ここは、Agiriturismoなんだそうです。じゃ〜ん!
a0147890_23380768.jpg
でも、きょうはイースターマンデー、イタリア人はこぞって家族ランチを摂る日。去年、Lago maggioreのグロットで予約なしにはレストランに入ることができなかったので、きょうもどうかな〜?と思いましたが、予想に反してここは混んでおらず、あっさりテーブルを用意してくれました。
a0147890_23385013.jpg
じゃーん、私たちに与えられたテーブル!奥のケラーには、イタリア人の大家族が2組。向かいのテーブルには、親族と思われるカップル2組とその息子。意外に空いています。
a0147890_23385688.jpg
地モッピーではないので、差別されるかな?と思いましたが、そんなことは全くなく、福よかな女性陣に若いハンサムな感じの良い男性が素晴らしいサーヴィスを提供してくれました。親切な彼が教えてくれたメニューに従って、私は、食べてみたかったイースターのフルコースを注文。
前菜、ナスのグリル、チキンの串揚げ。暖かくて優しい味、これ、最高!
a0147890_23390224.jpg
サラミ、生ハム、チーズの盛り合わせ、フレッシュで美味しい!
a0147890_23390882.jpg
ラビオリ。美味しい!
a0147890_23391907.jpg
リゾット。赤い色は、ビーツ(赤カブ)。クリームに卵の黄身ソース。カラフルな色合い、濃厚なソースで美味。とっても美味しい!
a0147890_23391337.jpg
麦のような雑穀のチーズ乗せ。う〜ん、ちょっと微妙。無くてもいっか…
a0147890_23392414.jpg
そして、メイン、真ん中がウサギ肉、右が山羊。この地方では、イースターには山羊が欠かせないらしい。隣のテーブルも山羊を食べていました、これが、最高とかなんとか云いながら。でも、山羊はちょっと臭かった。左は付け合わせのポレンタ。
a0147890_23393049.jpg
これが、私の頼んだイースターのフルコースメニュー。もう、お腹がはちきれそう。
a0147890_23394002.jpg
ダ〜リンは、魚を注文。多分、Garda湖の淡水魚。
a0147890_23394680.jpg
付け合わせのポテト。
a0147890_23393555.jpg
デザート。ジェラートとパネトーネ。
a0147890_23395226.jpg
締めのエスプレッソ。二人でコース料理を頼まなくて良かった。イタリアできちんと食事をしようとすると、半日は必要です。そして、この夜は、夕食は食べられませんでした。夜になってもお腹が空かない!
a0147890_23395717.jpg
ここの農家レストランは、アグリツーリズモになっていて、静かな自然の中でそれはそれは素敵なところでした。
私たちのテーブルは、半地下でしたが、
a0147890_23381428.jpg
入口を入ったところにもテーブル席があり、
a0147890_23380123.jpg
昔、農家だった頃の名残と、
a0147890_23375629.jpg
a0147890_23401069.jpg
素敵な前庭、
a0147890_23402735.jpg
a0147890_23403402.jpg
WCが外なのですが、その右には、宿泊施設。
a0147890_23404326.jpg
奥にはいって行くと
a0147890_23405414.jpg
素晴らしいコートヤードがあります。
a0147890_23404890.jpg
ここは、標高も高いので、暑い夏を涼しく、静かに過ごすにはうってつけです。こういう夏の休暇の過ごし方もありかな?と思いました。ただし、慣れない山道狭い上に急峻で、イタリアの小さな村に辿り着くのは、結構、大変です。Tignaleは、古代ローマ時代からの流れを汲んで、歴史上、重要な位置にあります。また、Trento とBrecia に挟まれ、第1次世界大戦の前はオーストリア、その後はイタリアに併合されるといった歴史に翻弄されたところでもあります。
a0147890_23410911.jpg
帰りにみた風景。
a0147890_23423616.jpg

[PR]
4月6日イースターマンデーには、Garda湖が見渡せる700mの山の頂上へと車を駆って、Tinaleにある"Madonna di Montecastella”へ。
a0147890_23512818.jpg
春のGarda湖。
a0147890_23514564.jpg
途中の駐車場に車を停めて、こんな坂道を延々と…
a0147890_23515897.jpg
やっと登りきったと思ったら、あら、やだ、ダ〜リンにこの上には駐車場がないから歩くんだよ、と駐車場の表示を読んだ後、そう云われたのですが、あるじゃないの、駐車場!”だまされた!”と、ダ〜リンも云っておりました。でも、この駐車場、砂利が敷き詰めてあって、車で登って来たインド人たちは駐車に大変手間取って、危険な思いをしておりましたので、下の駐車場に停めて来て良かったと思うことにしましょう。
a0147890_23520719.jpg
”Madonna di Montecastello" は、Garda湖でもいちばん大きなPilgrim Church(巡礼教会)のひとつとして、古くから人々の信仰を集めてきました。
a0147890_23521878.jpg
この教会は、修復されているので新しく見えますが、その歴史は古く、802年に建てられた古いお城にあった聖なる家が元になり14世紀に新たに教会が再建されたそうです。初期の名前を"Madonna del Stella"と云い、両側にある2組の階段が特徴的です。
a0147890_23524355.jpg
それでは、内部をご紹介しましょう。この教会、Garda湖でも絶景といわれる地にあり、とても人気があって人の姿のないときに撮影することが大変難しかったのです。
a0147890_23535717.jpg
a0147890_23542405.jpg
a0147890_23541090.jpg
a0147890_23541975.jpg
a0147890_23543055.jpg
a0147890_23543946.jpg
急な長い坂道を頑張って登ったので、はい、ご褒美です。こんな辺鄙な山の中でも、教会が運営しているカフェは安くて美味しいラテを入れてくれました。感激〜
a0147890_23550356.jpg
ここは、ほんとうに絶景です。カフェは、この建物の右の表側にあります。そして、両サイドは、テラス席になっています。天使などの教会グッズも可愛くて良心的なお値段なので、お土産にお薦めです。
a0147890_23545465.jpg


[PR]
宿泊先のホテルのあるTorboreに戻ると、湖岸の遊歩道沿いの広場(公園かも?)で、朝からのマーケットがまだ開いていました。
a0147890_21191774.jpg
朝、まず目に飛び込んで来たのは、ここ最近のマイブーム”ラベンダー”です。Sirmioneの帰りに寄ったMadernoと同じ屋台!同じ紫色!北イタリアのラベンダー売りの定番のようです。
a0147890_21200977.jpg
もちろんここでもお買い上げ。写真中央のトワレ、2本だと割安で25ユーロ。Madernoは、1本、11ユーロでしたから、こちらの方が少し高いけど、パーッケージが洗練されていて紫のリボン付き。Madernoの方が素朴な感じのレーベルでした。話し好きで親切なマダムは、おまけに真紫に塗られた紫色の編みレースに包まれた小さなラベンダーの香り石をくれました。大きいのは、売り物。朝だけの朝市かと思ったので、買い損ねては大変と、Limone観光中ず〜っとデイパックで背負って歩いてバカみたい。いつまで開いているか、聞いてから買えばよかった…
a0147890_21201664.jpg
こちら、サラミ。豚の形は、初めて見ました。さすが造形の国、イタリア!
a0147890_21204129.jpg
サラミ売りのおじちゃんもイカしてます。
a0147890_21204633.jpg
でも、もっとイケてるのは、このモッツアレッラのおじ。自分のチラシをずらっとテーブルの上に置いて、いっぱい試食させてくれます。
a0147890_21205155.jpg
まだ、暖かいモッツアレッラ、初めて暖かいものをたべましたが、美味しい〜 もちろん、お買い上げ。この日の夕食〜
a0147890_21205682.jpg
でっかいのをくれようとしたので、”でかすぎる!、もっとお小さいのちょうだい!”と、云ったら、”おお、スペイン語ができるのか?!”って、いえ、イタリア語が出てこなかっただけなんですって、そうそう、イタリア後では、”ピッコロだよ”って、ダ〜リンが教えてくれました。そうでした、そうでした、ピッコロのちょうだ〜い!うまいぜ、あったか〜いんです、モッツアレッラ!


[PR]
この美しい小さな町"Limone"とお別れの時がやってきました。船着場に戻る途中、こんな素敵な船溜りがありました。
a0147890_22124348.jpg
まるで、ベネツアのようです。そう、ここは、その昔、ベネツア共和国の領地でしたから。ベネツアの貴族たちは、ここに別荘や荘園を持っていたのでしょう。ベネツアでもポレンタを食べるし。
a0147890_22134731.jpg
船着場に戻ると、ちょうど良いタイミングで帰りの船が入って来ました。
a0147890_22135220.jpg
岸に、城を失った城壁のごとく見えるところがレモン栽培の石垣です。
a0147890_22135925.jpg
これから帰るTorboreの町は、あの湖から三角に隆起した麓にあります。どこから戻るときも、Torboreの町はあの隆起した三角台地が目標です。これを見ると、いかにヨーロッパアルプスが隆起してできた褶曲山脈かということが、はっきりわかります。日本にいると、言葉で知識としては知っていても、これほどはっきり目にすることは難しいと思います。
a0147890_22145168.jpg
Torboreに帰って来ました。
a0147890_22145851.jpg


[PR]
この美しい小さな町"Limone"とお別れの時がやってきました。船着場に戻る途中、こんな素敵な船溜りがありました。
a0147890_22124348.jpg
まるで、ベネツアのようです。そう、ここは、その昔、ベネツア共和国の領地でしたから。ベネツアの貴族たちは、ここに別荘や荘園を持っていたのでしょう。ベネツアでもポレンタを食べるし。
a0147890_22134731.jpg
船着場に戻ると、ちょうど良いタイミングで帰りの船が入って来ました。
a0147890_22135220.jpg
岸に城を失い城壁だけになったかのごとく見える石垣がレモン栽培の石垣です。
a0147890_22135925.jpg
これから帰るTorboreの町は、あの湖から三角に隆起した麓にあります。どこから戻るときも、Torboreの町はあの隆起した三角台地が目標です。これを見ると、いかにヨーロッパアルプスが隆起してできた褶曲山脈かということが、はっきりわかります。日本にいると、言葉で知識としては知っていても、これほどはっきり目にすることは難しいと思います。
a0147890_22145168.jpg
Torboreに帰って来ました。
a0147890_22145851.jpg


[PR]