Tignale で Madonna di Montecastelloの後にやって来たのは、はて?村の広い駐車場?狭い道を入ってもう、ダ〜リンたら、また、道間違えた〜?と思ったら、そうではなくて、ここで、正解。
a0147890_23345656.jpg
こんな村はずれの駐車場に停めてどうするのかしらん〜?あそこに教会建ってるけど、
a0147890_23270856.jpg
駐車場と教会の間では、痩せた馬が草食んでるし〜
a0147890_23350972.jpg
黒いのもいるし〜
a0147890_23352450.jpg
でも、ここでいいんだって〜
すると、なんだかりっぱなお屋敷風の建物を指して、”あそこだよ。”って云うんです。はて?
a0147890_23370320.jpg
ここは、Agiriturismoなんだそうです。じゃ〜ん!
a0147890_23380768.jpg
でも、きょうはイースターマンデー、イタリア人はこぞって家族ランチを摂る日。去年、Lago maggioreのグロットで予約なしにはレストランに入ることができなかったので、きょうもどうかな〜?と思いましたが、予想に反してここは混んでおらず、あっさりテーブルを用意してくれました。
a0147890_23385013.jpg
じゃーん、私たちに与えられたテーブル!奥のケラーには、イタリア人の大家族が2組。向かいのテーブルには、親族と思われるカップル2組とその息子。意外に空いています。
a0147890_23385688.jpg
地モッピーではないので、差別されるかな?と思いましたが、そんなことは全くなく、福よかな女性陣に若いハンサムな感じの良い男性が素晴らしいサーヴィスを提供してくれました。親切な彼が教えてくれたメニューに従って、私は、食べてみたかったイースターのフルコースを注文。
前菜、ナスのグリル、チキンの串揚げ。暖かくて優しい味、これ、最高!
a0147890_23390224.jpg
サラミ、生ハム、チーズの盛り合わせ、フレッシュで美味しい!
a0147890_23390882.jpg
ラビオリ。美味しい!
a0147890_23391907.jpg
リゾット。赤い色は、ビーツ(赤カブ)。クリームに卵の黄身ソース。カラフルな色合い、濃厚なソースで美味。とっても美味しい!
a0147890_23391337.jpg
麦のような雑穀のチーズ乗せ。う〜ん、ちょっと微妙。無くてもいっか…
a0147890_23392414.jpg
そして、メイン、真ん中がウサギ肉、右が山羊。この地方では、イースターには山羊が欠かせないらしい。隣のテーブルも山羊を食べていました、これが、最高とかなんとか云いながら。でも、山羊はちょっと臭かった。左は付け合わせのポレンタ。
a0147890_23393049.jpg
これが、私の頼んだイースターのフルコースメニュー。もう、お腹がはちきれそう。
a0147890_23394002.jpg
ダ〜リンは、魚を注文。多分、Garda湖の淡水魚。
a0147890_23394680.jpg
付け合わせのポテト。
a0147890_23393555.jpg
デザート。ジェラートとパネトーネ。
a0147890_23395226.jpg
締めのエスプレッソ。二人でコース料理を頼まなくて良かった。イタリアできちんと食事をしようとすると、半日は必要です。そして、この夜は、夕食は食べられませんでした。夜になってもお腹が空かない!
a0147890_23395717.jpg
ここの農家レストランは、アグリツーリズモになっていて、静かな自然の中でそれはそれは素敵なところでした。
私たちのテーブルは、半地下でしたが、
a0147890_23381428.jpg
入口を入ったところにもテーブル席があり、
a0147890_23380123.jpg
昔、農家だった頃の名残と、
a0147890_23375629.jpg
a0147890_23401069.jpg
素敵な前庭、
a0147890_23402735.jpg
a0147890_23403402.jpg
WCが外なのですが、その右には、宿泊施設。
a0147890_23404326.jpg
奥にはいって行くと
a0147890_23405414.jpg
素晴らしいコートヤードがあります。
a0147890_23404890.jpg
ここは、標高も高いので、暑い夏を涼しく、静かに過ごすにはうってつけです。こういう夏の休暇の過ごし方もありかな?と思いました。ただし、慣れない山道狭い上に急峻で、イタリアの小さな村に辿り着くのは、結構、大変です。Tignaleは、古代ローマ時代からの流れを汲んで、歴史上、重要な位置にあります。また、Trento とBrecia に挟まれ、第1次世界大戦の前はオーストリア、その後はイタリアに併合されるといった歴史に翻弄されたところでもあります。
a0147890_23410911.jpg
帰りにみた風景。
a0147890_23423616.jpg

[PR]
4月6日イースターマンデーには、Garda湖が見渡せる700mの山の頂上へと車を駆って、Tinaleにある"Madonna di Montecastella”へ。
a0147890_23512818.jpg
春のGarda湖。
a0147890_23514564.jpg
途中の駐車場に車を停めて、こんな坂道を延々と…
a0147890_23515897.jpg
やっと登りきったと思ったら、あら、やだ、ダ〜リンにこの上には駐車場がないから歩くんだよ、と駐車場の表示を読んだ後、そう云われたのですが、あるじゃないの、駐車場!”だまされた!”と、ダ〜リンも云っておりました。でも、この駐車場、砂利が敷き詰めてあって、車で登って来たインド人たちは駐車に大変手間取って、危険な思いをしておりましたので、下の駐車場に停めて来て良かったと思うことにしましょう。
a0147890_23520719.jpg
”Madonna di Montecastello" は、Garda湖でもいちばん大きなPilgrim Church(巡礼教会)のひとつとして、古くから人々の信仰を集めてきました。
a0147890_23521878.jpg
この教会は、修復されているので新しく見えますが、その歴史は古く、802年に建てられた古いお城にあった聖なる家が元になり14世紀に新たに教会が再建されたそうです。初期の名前を"Madonna del Stella"と云い、両側にある2組の階段が特徴的です。
a0147890_23524355.jpg
それでは、内部をご紹介しましょう。この教会、Garda湖でも絶景といわれる地にあり、とても人気があって人の姿のないときに撮影することが大変難しかったのです。
a0147890_23535717.jpg
a0147890_23542405.jpg
a0147890_23541090.jpg
a0147890_23541975.jpg
a0147890_23543055.jpg
a0147890_23543946.jpg
急な長い坂道を頑張って登ったので、はい、ご褒美です。こんな辺鄙な山の中でも、教会が運営しているカフェは安くて美味しいラテを入れてくれました。感激〜
a0147890_23550356.jpg
ここは、ほんとうに絶景です。カフェは、この建物の右の表側にあります。そして、両サイドは、テラス席になっています。天使などの教会グッズも可愛くて良心的なお値段なので、お土産にお薦めです。
a0147890_23545465.jpg


[PR]
宿泊先のホテルのあるTorboreに戻ると、湖岸の遊歩道沿いの広場(公園かも?)で、朝からのマーケットがまだ開いていました。
a0147890_21191774.jpg
朝、まず目に飛び込んで来たのは、ここ最近のマイブーム”ラベンダー”です。Sirmioneの帰りに寄ったMadernoと同じ屋台!同じ紫色!北イタリアのラベンダー売りの定番のようです。
a0147890_21200977.jpg
もちろんここでもお買い上げ。写真中央のトワレ、2本だと割安で25ユーロ。Madernoは、1本、11ユーロでしたから、こちらの方が少し高いけど、パーッケージが洗練されていて紫のリボン付き。Madernoの方が素朴な感じのレーベルでした。話し好きで親切なマダムは、おまけに真紫に塗られた紫色の編みレースに包まれた小さなラベンダーの香り石をくれました。大きいのは、売り物。朝だけの朝市かと思ったので、買い損ねては大変と、Limone観光中ず〜っとデイパックで背負って歩いてバカみたい。いつまで開いているか、聞いてから買えばよかった…
a0147890_21201664.jpg
こちら、サラミ。豚の形は、初めて見ました。さすが造形の国、イタリア!
a0147890_21204129.jpg
サラミ売りのおじちゃんもイカしてます。
a0147890_21204633.jpg
でも、もっとイケてるのは、このモッツアレッラのおじ。自分のチラシをずらっとテーブルの上に置いて、いっぱい試食させてくれます。
a0147890_21205155.jpg
まだ、暖かいモッツアレッラ、初めて暖かいものをたべましたが、美味しい〜 もちろん、お買い上げ。この日の夕食〜
a0147890_21205682.jpg
でっかいのをくれようとしたので、”でかすぎる!、もっとお小さいのちょうだい!”と、云ったら、”おお、スペイン語ができるのか?!”って、いえ、イタリア語が出てこなかっただけなんですって、そうそう、イタリア後では、”ピッコロだよ”って、ダ〜リンが教えてくれました。そうでした、そうでした、ピッコロのちょうだ〜い!うまいぜ、あったか〜いんです、モッツアレッラ!


[PR]
この美しい小さな町"Limone"とお別れの時がやってきました。船着場に戻る途中、こんな素敵な船溜りがありました。
a0147890_22124348.jpg
まるで、ベネツアのようです。そう、ここは、その昔、ベネツア共和国の領地でしたから。ベネツアの貴族たちは、ここに別荘や荘園を持っていたのでしょう。ベネツアでもポレンタを食べるし。
a0147890_22134731.jpg
船着場に戻ると、ちょうど良いタイミングで帰りの船が入って来ました。
a0147890_22135220.jpg
岸に、城を失った城壁のごとく見えるところがレモン栽培の石垣です。
a0147890_22135925.jpg
これから帰るTorboreの町は、あの湖から三角に隆起した麓にあります。どこから戻るときも、Torboreの町はあの隆起した三角台地が目標です。これを見ると、いかにヨーロッパアルプスが隆起してできた褶曲山脈かということが、はっきりわかります。日本にいると、言葉で知識としては知っていても、これほどはっきり目にすることは難しいと思います。
a0147890_22145168.jpg
Torboreに帰って来ました。
a0147890_22145851.jpg


[PR]
この美しい小さな町"Limone"とお別れの時がやってきました。船着場に戻る途中、こんな素敵な船溜りがありました。
a0147890_22124348.jpg
まるで、ベネツアのようです。そう、ここは、その昔、ベネツア共和国の領地でしたから。ベネツアの貴族たちは、ここに別荘や荘園を持っていたのでしょう。ベネツアでもポレンタを食べるし。
a0147890_22134731.jpg
船着場に戻ると、ちょうど良いタイミングで帰りの船が入って来ました。
a0147890_22135220.jpg
岸に城を失い城壁だけになったかのごとく見える石垣がレモン栽培の石垣です。
a0147890_22135925.jpg
これから帰るTorboreの町は、あの湖から三角に隆起した麓にあります。どこから戻るときも、Torboreの町はあの隆起した三角台地が目標です。これを見ると、いかにヨーロッパアルプスが隆起してできた褶曲山脈かということが、はっきりわかります。日本にいると、言葉で知識としては知っていても、これほどはっきり目にすることは難しいと思います。
a0147890_22145168.jpg
Torboreに帰って来ました。
a0147890_22145851.jpg


[PR]