4月12日の日曜日、バイエラーファウンデーションで開催中のポール・ゴーギャン展に行ってきました。
a0147890_22441908.jpg
ゴーギャン展は、朝10時から。まだ、朝の静謐な時間帯のリーエンにレンゾ・ピアノ設計の建物は、静かに佇んでいました。
a0147890_22450597.jpg
日曜日のバイエラーが混むことは必須でしたので、開館前に着くように行ったのですが、
a0147890_22500883.jpg
開館前でも、もうこの通り。たくさんの人が開館を待って列を作っていました。
a0147890_22502444.jpg
入場料は、30スイスフラン。高い!でも、ダ〜リンがUBSの招待券を当てたので、フリーで入場。チケットブースのご婦人。ガラスが反射してしまいましたが、金髪のショートカットがあまりにも素敵だったので。
a0147890_23232284.jpg
a0147890_22505400.jpg
画集も売っています。今回、ガイドツアーはパス。勝手に見て回ることに。
a0147890_22505814.jpg
a0147890_22510668.jpg
ゴーギャンがフランスで描いた絵もありましたが、ちっとも良くない。ただ、顔の表情だけは、タヒチの女でなくともとても表現力が豊かで後のタヒチでの画業を忍ばせる趣がありました。
a0147890_22511106.jpg
写真撮影が禁じられている絵もあり、限られたものしか撮ることはできませんでした。
a0147890_22511708.jpg
描かれた当時は、おそらくもっとビビッドな色彩だったのでしょうが、年月と共に絵の具の色が剥落しており、でも、私はそういう油絵がとても好きです。特に、ゴーギャンは、画集で見る色彩と実際の絵画に大変落差があるので、本物を見たことがないときには、大嫌いな画家でした。これほど、本物を実際に見て心惹かれた画家は、他にいません。
a0147890_22512110.jpg
ゴーギャンは、1883年、35歳のときにそれまでの日曜画家から専業の画家になることを決意します。彼は、アンリ・ルソーと並んでアカデミックな教育を受けていない日曜画家出身の代表選手のようにいわれており(少なくとも日本では)、そして、「月と6ペンス」にも、それまでの平凡なサラリーマン生活を捨てて絵を描くためにタヒチに渡ったと書かれていますが、この展覧会での年表を読んでいくと、それが間違いだということがわかります。
a0147890_22514403.jpg
ジャーナリストだった父の亡命に伴ってペルーに渡ったゴーギャンは、その地で父を亡くし、頼りの資産家の叔父も亡くし、7歳で叔母を頼ってパリに戻ります。フランスで学校を出ると17歳で船乗りになり、再び南米を訪れます。海軍に在籍し普仏戦争に参加した後、株式仲買人になって成功を収めた後、日曜画家から専業画家へ転身しますが、それは、決して、ある日、突然にサラリーマンが専業画家に転身したわけではなかった事実がこの年表には書かれていました。実は、幼少の頃より芸術に関心が深く、志はいつもそこにありましたが、経済的な要因からなかなかそこに行き着かなかったのでした。黄色い世界地図は、ゴーギャンの足跡を映し出します。
a0147890_23421202.jpg
年表を追っていくと、さらに彼の軌跡が良くわかる仕組みになっています。かなりイケてる展示手法でした。去年のセガンテイー二展も、後日、東京にやってきましたから、このゴーギャン展もそのうちに東京でも開催されるのではないかと思います。
a0147890_22534391.jpg
さて、展示を見終えると、ゴーギャングッズの販売コーナーがあります。
a0147890_22535458.jpg
これは、ポストカード。
a0147890_22535965.jpg
結構、ゴーギャンスカーフだとか、ゴーギャンバッグだとかいろいろなものがありますが、
a0147890_22554301.jpg
いちばん面白かったのは、こちら。なんと、”ゴーギャンチョコ”!これには、笑っちゃいました。
a0147890_22554887.jpg
特別展が終わると、常設展へと導かれます。アフリカの造形に囲まれているのは、アンリ・ルソー。つい最近まで、地下の修復室で修復が行われていた作品です。写真が小さくて見えないのが残念ですが、密林でライオンが血だらけの獲物を咥えている有名な絵です。バイエラーの所蔵品だったのですね。
a0147890_22555448.jpg
ジャコメテッイもありますが、この美術館にはなんといってもモネの睡蓮が似合います。
a0147890_22555988.jpg
なんか、これ、可愛い。
a0147890_22560810.jpg
何度もみている常設展ですが、何度見ても、楽しいです。



[PR]
近くに村中がアートな芸術村があるんだよ、と云ってダ~リンが連れて行ってくれました。村の一本道を走っていると、ほんとだ、民家の壁にアートが・・・
a0147890_21354197.jpg
農家と思しき大きなお家の前には、お決りの自家製品を売る無人販売所があります。その壁にもアートが・・・
a0147890_21342331.jpg
隣にもアートが並んでいて、
a0147890_21344748.jpg
むむむ、ここは、アートギャラリーらしいぞ・・・ちょっと入ってみましょうか。
a0147890_21345369.jpg
Galerieって書いてあるし・・・
a0147890_21352369.jpg
失礼します。
a0147890_21363204.jpg
小品が並んでおります。これ、しろうとの作品?でも、値段が~ 一桁間違えてないですか~?って値段で~ 誰が買うの?
a0147890_21364094.jpg
裏手にはカフェもあって、近隣の人が結構、たくさん訪れていましたが、さすがに買っている人はいませんでした。でも、ときどき、売れるんでしょうね、きっと。
a0147890_21361472.jpg
天井の梁はりっぱです。でも、作品がねえ~
a0147890_21361959.jpg
隣の前庭には造形作品があったので、見に行ってみると、
a0147890_21353036.jpg
建物は印刷屋さんでした。ここで、納得。この印刷屋さん、どうやら印刷業で成功した後、隣の農家(あるいは、ここがもともとの実家かも?)を買って自身の趣味でもあるアートのショップを開き、村の民家の壁もアートで飾ってアート村を作ったと推測しました。
a0147890_21354947.jpg
楽しい趣向ですが、作品がねえ・・・ちょっとイケてないかも~
ちょっとがっかりして、すぐに家路に着きました。
a0147890_21355570.jpg

[PR]
芸術の秋、ということで11月9日、バーゼル市内Binningenのアートフェスティバルに行きました。Binninngenは、バーゼル動物園の先のちょっと高級住宅地の入口にあります。以前、ドイツ語学校で一緒だったフィリピーナが住んでいるところで、白血病のお金持ちのゲーム作家の看護でフィリピンからやってきた彼女は、その作家と恋に落ち、見事、細君に収まったという、まるで〝プリティウーマン”の映画のようなお話、あるんですね、こういうこと。事実は小説より奇なりというか、最近は、絶対的に現実の方がとんでもないことが多い気がしますが。それで、彼女のお家、プールがあるのですって!趣味は水泳って云った私に、〝じゃあ、うちに泳ぎにいらっしゃい!”と云われたのでお誘いを待っておりましたが、とうとうその日は来ないまま講座は終了してしまいましたので、今でも、随分、残念に感じており、Binningenという地名を忘れられないのです。ああ。夢のプール付住宅!でもなあ、もし、私がプール付のお家に住んでいても、プール洗いは私の役目だろうな・・・とそう考えると、最近はそれほどうらやましくもないと思うのでした。
a0147890_13131971.jpg
ここ、住宅地の真ん中にあって、わかりにくいことこの上ない。案内にきちんとした住所も載っていないので、うろうろするダ~リンにもう少しで切れそうになりました。寒いし~
a0147890_13190604.jpg
なんか公共の建物のようでした。
a0147890_13141448.jpg
ここって、音楽会もやるのでしょうね。舞台あるし~
a0147890_13134134.jpg
作品はね、ちょっとね、これ、しろうと?ってな感じのもので、後からダ~リンに確かめたら、この方達プロとして生計を立てている方達の販促会らしかったです。ひとり、日本を描いている油絵の女性がいて、友人が日本でホテルのマネージャーをしている関係で日本旅行をした折に描いた作品だと云っていました。が、私にはどう見ても室生寺にしか見えない五重塔(三重塔かな?)を東寺だと云っているし~、湘南海岸の崖かなあ?と思ったら、石川県だって。ま、いいんですけどね。彼女、お母様の作品もついでに売っていて、そちらは正当ゲルマン的で技術がありました。本人も、〝母はすごい”と云っておりました。で、お話に夢中で写真は無し。
a0147890_13135239.jpg
作品のレベルが低いので、熱心に鑑賞しているダ~リンを尻目にすぐに飽き飽きしてカフェへ。
a0147890_13140112.jpg
地元の優しいボランティアのおばさんが催事のときだけやっているようなカフェ。写っておりませんが、小さめのカットのケーキたちは手作りで美味しいので、私はこの手のカフェが好きであります。すべてにおいて外食が非常に高くつくスイスですが、ここは値段も高くありません。このカフェラテが入った二重ガラスのカップが欲しくなりました。
a0147890_13140506.jpg
スイスは、お金持ちが多いので、こういった販促会でもかなりな需要を探ることができるそうです。また、アーティストたちもそういう需要を求めて移り住む人も多いのだそうです。羨ましい限り~

[PR]
さて、ここは、近所のほんとうに近所の村の公共建物。
a0147890_20595529.jpg
この側面のギザギザが古さと歴史を表しています。手前の樹木は林檎の木。春になると真っ白な花を咲かせますが、花が終ると真っ赤な小さい可愛い林檎の実が成ります。
a0147890_20595943.jpg
こちら、正面玄関。ここでは、教会や役場で結婚式を挙げたカップルがよく披露宴をしたりしています。昔の農家の作りだと思います。今、正面玄関になっている円形のガラス扉の部分は、その昔は馬車の出入り口だったはず。右の扉が居室空間に通じるドアでしょう。
a0147890_21005292.jpg
いつも外から見るだけで、入ったことがなかったのですが、11月9日に村の展覧会があり、中を見られるとあってダ~リンが連れて入ってくれました。エントランス。
a0147890_21011199.jpg
オープニングはその前の晩で行きそびれてしまったのですが、この日もお菓子やお茶の用意がありました。知合いもいないので、私達は、遠慮しましたけど。
a0147890_21011974.jpg
中から玄関ホールを見たところ。村の知合いらしき人たちが訪れていました。

a0147890_21013358.jpg
玄関ホールからは隠れて見えない右手裏の階段を登ると、
a0147890_21022451.jpg
階段ホールがあり、
a0147890_21022066.jpg
アトリエ風のこんな演出が・・・
a0147890_21013902.jpg
この空間、素敵です。昔は食堂か居間だったのかも・・・?
a0147890_21023245.jpg
続きの部屋には絵画の展示。広い居室です。
a0147890_21015356.jpg
居間は、ちょっと会議室っぽいですね。
a0147890_21014685.jpg
こちらは、玄関ホール左に見えている階段の上の階。昔は、きっと作業部屋。
a0147890_21030061.jpg
吹き抜けでむき出しの天井木組みが良い味出してます。初めて中に入りましたが、ふ~ん、こんななんだ中は。表から見た方が華麗な雰囲気ですね。公共の建物になっているせいか、内部はなにか味気ない雰囲気です。
a0147890_21025163.jpg
絵画や造形もローカルきわまりない!って代物でしたが、私が唯一気に入った作品がこちら!ちょっと〝さんま”っぽくないですかあ・・・?
a0147890_21030443.jpg

[PR]
8月3日、雨の日曜日。隣町(といっても、そこは、フランス)のSaint-LouisにあるFernet-Branca財団のギャラリーへ行きました。ここは、昔、Fernet-Brancaというアルコール飲料を製造する工場だったところなのだそうです。ちなみに、この飲料会社は、ばりばりの現役。
a0147890_22504407.jpg
このなんともレトロな建物。
a0147890_22504815.jpg
昔日の映画会社のようですよね・・・?
a0147890_22504815.jpg
猛禽類がシンボルというところも、とてもかっこ良い!
a0147890_22505824.jpg
でも、存在する場所は、こんなに普通の住宅街。こんな辺鄙な美術館、きっと訪れる人もいないだろう、しかも、雨だし・・・と思っていたら、帰る頃には、ぼちぼち見学者が・・・アート好きなフランス人。
a0147890_22510501.jpg
向いには、こんな博物館があり、間違えて入りそうになりました。
a0147890_22502648.jpg
さて、このFondation Fernet-Branbcaで見た展示というのは、こちら。
a0147890_22520272.jpg
Lee Baeという韓国のアーティストの個展。墨を使ったモノトーンの絵画に、本物の木炭を積んだ立体作品など、日本人にはとても馴染み深い素材のものばかり。この整然さは、フランス人好みかも~!写真撮影は禁止とあったので、アートの情報誌より写し撮りました。
a0147890_22520610.jpg
何の展示か、知りもしないで来た私。〝?”な感じで見ていると、やがて明らかになった真実。そうなんです、最近、また、アート思考が頭をもたげてきたダ~リン、水彩画の参考にしようと水彩画展を今頃みているはずだったんですが、情報を取り違え、去年と今年を間違えてしまったのですね~それで、こんな〝つまらない・・・”(いやいや失礼。でも、ちょっとつまらないんだな、これ)展示を見る破目に~ でも、このアルコール飲料会社の社屋は、かなりレトロでこれ自体がアートしているので、まあ、良しとしましょう。中庭があり、そこにも立体作品が置かれており、素敵な空間が演出されていました。でも、撮影禁止~ けちっ!住所は、こちら、
a0147890_22515923.jpg


[PR]
"MEYER SCHUMUCK DESIGN"は、バーゼルのマルクト広場から歴史博物館のあるBarfusserplatzへ向うGarbergasse通りの左手にあります。
a0147890_14922100.jpg

バーゼル市内には、いくつか気になる宝飾店があるのですが、ここがそのひとつ。
a0147890_1492511.jpg

クリスマスの前だったショーウインドウのディスプレイ、この天使がとても素敵だったのです。
a0147890_149338.jpg

宝飾品自体はゲルマンな感じの鋼鉄デザインで好き嫌いは別としても、私には全然似合わないものなので、購買意欲はちっとも湧きませんが、すらりとした金髪のゲルマン美女にはさぞかし似合うのだろうなと思います。
a0147890_1493633.jpg

[PR]
Orangeの町の世界遺産、古代円形劇場の真正面には、
a0147890_2133350.jpg

Art & History美術館があります。古代円形劇場の見学を終え、午前中のざーざー降りの雨が上がったところで、この素敵な美術館を訪れました。古代円形劇場の目の前なのに、なぜだかなかなか見つからない・・・(笑)
灯台もと暗しってヤツですかね。
a0147890_2133581.jpg

ここは、ほんとに素敵な美術館で、ローマンが溢れていました。こんなローマンな円柱や、
a0147890_213495.jpg

彫像、壁には再現された石彫の破片。それから、とりわけ素敵なことは、この高窓の外に古代円形劇場が垣間見えることなんです。
a0147890_2135422.jpg

お屋敷の再現とか、
a0147890_2141891.jpg

タペストリーに、優雅なマントルピース。よく覚えていないのですが、確か、ここは町の有力者の屋敷だったと思います。
a0147890_2142386.jpg

この町の代表的な画家のセルフポートレートだったような・・・(記憶が曖昧)
a0147890_214423.jpg

この町の代表的な画家の作品。構図がアングルそっくりだけど。
a0147890_2144560.jpg

お屋敷の階段を上がる度に、展示のテーマが変わります。
満足して美術館を出ると、見上げるばかりに古代円形劇場が圧し掛かって来ます。
a0147890_215271.jpg

そこが、また、この美術館の魅力を高めてくれるのです。
a0147890_215020.jpg

to be continued・・・
[PR]
こんな金々、バブリーな展示もあります。ポルト・リガットのダリの夏の家には、アメリカ人のアーティスト達もやって来ていたので、その影響かと思ったのですが、ダリはスペイン市民戦争の直後に始まった第2次世界大戦を逃れてアメリカに移住したとあるので、直接、アメリカの前衛美術に触れていたのでしょう。しかし、戦禍を避けたといっても、実はスペインは第2次世界大戦には参戦していません。だから、市民劇場であったこのテアトロミュジーアムも市民戦争で廃墟にされてしまったのでしょう。それを、1948年に帰国したダリがその後、美術館として蘇らせたというわけです。
a0147890_22572586.jpg

これも、有名な作品。下は、妻のガラ。
a0147890_22585919.jpg

ダリは、ホログラムにも興味を示しています。これも、アメリカで受けた影響?
a0147890_2259490.jpg

壁に沿った廊下もずーっと展示が続いています。中庭も見えます。
a0147890_22591899.jpg

こんなデッサンのような作品も実は延々と続くんです。ちょっと退屈。
a0147890_22595156.jpg

これは、ダリっぽい。
a0147890_230277.jpg

鏡に映ったガラと自分を描く後ろ向きのダリ。ダリは、ガラが亡くなった8年後に亡くなり、遺言によってこの美術館の地下の納骨室に眠っているそうですが、ガラ亡き後のダリはまるで抜け殻だったそうです。でもね~、ガラはダリ、ダリはガラ、とか云っちゃってる割には、ダリには常に年若い美しい恋人(ベッドを共にする)がいて、実は相当に年上のガラとは生涯一度も性交渉を持っていなかったのだそうです。その奇行ばかりでなく、ほんとミステリアスな人だったのですね。
a0147890_2301223.jpg

階段室からの入口。
a0147890_2301734.jpg

最後に、こんな鳥もいました。
a0147890_2303242.jpg

でも、多分、実際に行かれたら印象はもっと違うものだと思います。ぜひ、ご自分の目で見て頂きたい。このテアトロ美術館も面白いですけど、私は今は美術館になっているダリのポルト・リガットの夏の家がもっと好きです。
FINE
[PR]
こちら、日本ではおそらく紹介されたことのないダリのトリック画。一見、何の整合性もないバラバラの絵ですが、
a0147890_1638488.jpg

銀色の筒に写してみると“絵”になります。ダリは、とっても頭の良い人で、だまし絵も勿論、トリックを使う技術にも卓越していました。
a0147890_16385363.jpg

円筒に写った絵はこちらの方がわかりやすいかも・・・
a0147890_16385946.jpg

ダリ風ベラスケス。
a0147890_16405443.jpg

これは、云うまでもなくシュールなダリの世界。でも、時代背景がちょっと面白い。
a0147890_1641674.jpg

屋上中庭に出てみると、正面の教会の塔が見えました。
a0147890_16411534.jpg

ダリのテーマ、“再生”のシンボル、卵の塔も見えます。
a0147890_16412294.jpg

中に戻って、この展示室も天井は、パリのオペラ座のよう。
a0147890_16414570.jpg

この部屋は、画家の休息室。
a0147890_16415537.jpg

有名なダリのベッド。ダリが画業の合間に実際に休んだベッドです。
a0147890_1642820.jpg

ベッドの頭上には、ダリのタペストリー。
a0147890_16422119.jpg

to be continued・・・
[PR]
キリスト教の国は、日曜日は基本お休み。ショップはすべて閉まってしまうので、ショッピングというものはできない。日本は、おひとりさまが生きやすい国だと思う。なぜって、何もすることが見つからない日曜日、町に出ればショッピングというひとりでできる楽しみが転がっている。でも、キリスト教の国ではそうはいかない。日曜日、ひとりでできることといったら、美術館へ行くか、カフェへ行くか、雨だったらさしずめ読書かビデオか・・・
このコスタ・ブラバでの日曜日、午前中は海へ、そして、午後はフィゲラスのダリ美術館へ行くことにしました。もっともこの日は、ひとりではありませんでしたが。
外観は、こちらからご覧ください。 ダリテアトロ美術館。正面には、カタルーニャの旗とダリの彫像。ここは、16年前に1度訪れたことがあります。今回は、皆さまを内部へとご案内しましょう。
a0147890_1718641.jpg

中庭。内部は、ダリが亡くなってから変わっていないはず。
a0147890_17181266.jpg

ここは、オリジナルの劇場空間を残してあるのでしょう。テアトロミュジーアムそのもの。最初に来たときには、えらく感動したものです。
a0147890_17183120.jpg

彫像が飾られ、ローマンシアターの趣も感じられます。中庭に続いてこの美術館でいちばん広い空間です。
a0147890_17184935.jpg

舞台正面を思わせる壁には、大きなダリの世界。
a0147890_17185744.jpg

劇場空間を後に、廊下の展示もダリの世界。
a0147890_17281788.jpg

次の部屋は、有名な”メイ・ウエスト”。台に登って、レンズを通すと”メイ・ウエスト”の顔になります。ダリの得意なだまし絵の3D版。
a0147890_17282323.jpg

これは、メイ・ウエストの部屋の隅に展示されていた写真。Canonがダリに媚びていたのか・・・?日本が元気だった’70年代でしょうか?
a0147890_17283030.jpg

展示室は続きます。彼女は、ダリ号の“バウスピリット”。
a0147890_17284270.jpg

ダリ号は、桃山時代へも航海しているようです。
a0147890_17285035.jpg

to be continued・・・
[PR]