Lago di Garda(イースター休暇)31)Tignale

Tignale で Madonna di Montecastelloの後にやって来たのは、はて?村の広い駐車場?狭い道を入ってもう、ダ〜リンたら、また、道間違えた〜?と思ったら、そうではなくて、ここで、正解。
a0147890_23345656.jpg
こんな村はずれの駐車場に停めてどうするのかしらん〜?あそこに教会建ってるけど、
a0147890_23270856.jpg
駐車場と教会の間では、痩せた馬が草食んでるし〜
a0147890_23350972.jpg
黒いのもいるし〜
a0147890_23352450.jpg
でも、ここでいいんだって〜
すると、なんだかりっぱなお屋敷風の建物を指して、”あそこだよ。”って云うんです。はて?
a0147890_23370320.jpg
ここは、Agiriturismoなんだそうです。じゃ〜ん!
a0147890_23380768.jpg
でも、きょうはイースターマンデー、イタリア人はこぞって家族ランチを摂る日。去年、Lago maggioreのグロットで予約なしにはレストランに入ることができなかったので、きょうもどうかな〜?と思いましたが、予想に反してここは混んでおらず、あっさりテーブルを用意してくれました。
a0147890_23385013.jpg
じゃーん、私たちに与えられたテーブル!奥のケラーには、イタリア人の大家族が2組。向かいのテーブルには、親族と思われるカップル2組とその息子。意外に空いています。
a0147890_23385688.jpg
地モッピーではないので、差別されるかな?と思いましたが、そんなことは全くなく、福よかな女性陣に若いハンサムな感じの良い男性が素晴らしいサーヴィスを提供してくれました。親切な彼が教えてくれたメニューに従って、私は、食べてみたかったイースターのフルコースを注文。
前菜、ナスのグリル、チキンの串揚げ。暖かくて優しい味、これ、最高!
a0147890_23390224.jpg
サラミ、生ハム、チーズの盛り合わせ、フレッシュで美味しい!
a0147890_23390882.jpg
ラビオリ。美味しい!
a0147890_23391907.jpg
リゾット。赤い色は、ビーツ(赤カブ)。クリームに卵の黄身ソース。カラフルな色合い、濃厚なソースで美味。とっても美味しい!
a0147890_23391337.jpg
麦のような雑穀のチーズ乗せ。う〜ん、ちょっと微妙。無くてもいっか…
a0147890_23392414.jpg
そして、メイン、真ん中がウサギ肉、右が山羊。この地方では、イースターには山羊が欠かせないらしい。隣のテーブルも山羊を食べていました、これが、最高とかなんとか云いながら。でも、山羊はちょっと臭かった。左は付け合わせのポレンタ。
a0147890_23393049.jpg
これが、私の頼んだイースターのフルコースメニュー。もう、お腹がはちきれそう。
a0147890_23394002.jpg
ダ〜リンは、魚を注文。多分、Garda湖の淡水魚。
a0147890_23394680.jpg
付け合わせのポテト。
a0147890_23393555.jpg
デザート。ジェラートとパネトーネ。
a0147890_23395226.jpg
締めのエスプレッソ。二人でコース料理を頼まなくて良かった。イタリアできちんと食事をしようとすると、半日は必要です。そして、この夜は、夕食は食べられませんでした。夜になってもお腹が空かない!
a0147890_23395717.jpg
ここの農家レストランは、アグリツーリズモになっていて、静かな自然の中でそれはそれは素敵なところでした。
私たちのテーブルは、半地下でしたが、
a0147890_23381428.jpg
入口を入ったところにもテーブル席があり、
a0147890_23380123.jpg
昔、農家だった頃の名残と、
a0147890_23375629.jpg
a0147890_23401069.jpg
素敵な前庭、
a0147890_23402735.jpg
a0147890_23403402.jpg
WCが外なのですが、その右には、宿泊施設。
a0147890_23404326.jpg
奥にはいって行くと
a0147890_23405414.jpg
素晴らしいコートヤードがあります。
a0147890_23404890.jpg
ここは、標高も高いので、暑い夏を涼しく、静かに過ごすにはうってつけです。こういう夏の休暇の過ごし方もありかな?と思いました。ただし、慣れない山道狭い上に急峻で、イタリアの小さな村に辿り着くのは、結構、大変です。Tignaleは、古代ローマ時代からの流れを汲んで、歴史上、重要な位置にあります。また、Trento とBrecia に挟まれ、第1次世界大戦の前はオーストリア、その後はイタリアに併合されるといった歴史に翻弄されたところでもあります。
a0147890_23410911.jpg
帰りにみた風景。
a0147890_23423616.jpg

[PR]
by ueno-panda | 2015-05-18 01:00 | イタリア | Comments(0)