2011年 01月 28日 ( 1 )

さて、Museum Nacht 、2館目は、"Kunst Museum"市立美術館です。
中庭には、ビニール製のドームが建ち、シャンパンな感じ・・・
まるで、セレブのオープニングパーティの様相・・・
正面右にあるここのレストランは、とってもおしゃれなレストランなんです、味はともかくとして。
私もここで一杯やりたいわ・・・の気持ちをぐっとこらえ・・・
a0147890_19471631.jpg

中庭に置かれたアート作品、
a0147890_19472244.jpg

今夜のためのインスタレーション、
a0147890_19473055.jpg
a0147890_19473611.jpg
Puppennhausemuseumで買ったチケットを腕に巻いて、館内へ入場します。入り口からして、すごい人、人、人!
a0147890_19474284.jpg

宝塚の舞台のようなドラマティック階段を上がると、ここでは、コメディアンがショー始めるところでした。私は、ドイツ語のジョークがわからないので、パスし、
a0147890_19475910.jpg

早期60年代、ウオーホル展へ。ウオーホルは、ロスのモカ(近代美術館)で見たことがあるので、あの有名な”モンロー”や“プール”の絵だろうと思っていたのですが、これが違ったのです。早期60年代、まだ、戦後の素朴さの残っていた時代のウオーホル、モンローではなくてりズ・テイラーのウオーホルなんです。
a0147890_1948475.jpg

コーラの瓶とか、いかにも60年代でしょう?
a0147890_19481478.jpg

これなど、デザイン科の学生の習作のようです。
a0147890_19484627.jpg

足にできた豆をバンドエイドで貼ったのを剥がしたところ?
a0147890_19485156.jpg

も~、ほんとに60年代!でもね、影の付き方がまさにウオーホル!って感じ!
a0147890_19485564.jpg

この他にも問題意識の高い作品や実験スタイルのインスタレーションで構成されていました。でも、ここ撮影禁止なんですって。上記は、知らないで写したもの。知らされてからは、撮れませんでした。
でも、みなさん、こんなウオーホル、見たことあります?
[PR]