カテゴリ:Dinner in my home( 21 )

 ”ラクレット”というスイス料理をご存じだろうか・・・?チーズフォンデュと並んで、スイスの代表的なチーズ料理だが、名前は知っていても、実際にレストランや家庭で食したことのある日本人は、案外少ないのではないだろうか?かくいう私もその一人だった。クリスマスマーケットの屋台などでは、食べたことがある。イギリスでは、ジャックポテトの名前で、ポテトのチーズ掛けをよく食べた。原理は一緒だ。掛けるものが、ポテトだったり、ピクルスだったり、トマトだったりする。
a0147890_30327.jpg

奥の鉄板の囲いの中に、上の写真の小さなフライパンを置いて、温めてチーズを溶かす。溶かしたチーズに好きなものを絡めて食すのだ。
a0147890_3936.jpg

これが、意外に美味しくて、気をつけないと食べすぎて、あとでえらい目に合う。
チーズフォンデュとの違いは、チーズフォンデュは、溶かしたチーズにひたすらパンを突っ込んで、それだけ食べ続けるが、ラクレットはチーズを溶かしながら好きな具を選べることだ。
 
 一時、日本人観光客の残すチーズフォンデュのチーズの処理が社会問題になったことがあったそうだが、日本人は、単調な味を食べ続けることが苦手なのだ。スイス当局も、もうそろそろ、気がついた頃だろうか・・・?
[PR]